記事

野党共闘は「見直す」べきだ(4年ぶり2回目)

1/2

 夏に都議選を手伝った。そのとき立憲民主党は議席を伸ばして8→15、共産党は野党第二党という高い水準ではあったがほぼ議席を維持した(18→19)。

 しかし、その一方で都民ファーストが立憲民主党の倍の議席を残した(45→31)。

 けっこう取ったなあ、と思った。

 あのときもメディアの予想は途中で大きく覆され、「小池百合子が最後は出てきた効果」などとぼくの周りでは言われていたがのだが、実際には、それは立憲民主や共産には行かない層、一言で言えば「中道」、もっと正確に言えば「非自民の保守」がたどり着いたところであった。

 立憲民主党は「リベラル・左派」として評価されていたのだと思う。

 総選挙では、この構図が再現された。都民ファーストのポジションに維新の会が来た。そういうことである。

 ぼくの周りでは維新が伸びたことに過剰な意味づけをしすぎる人が多い。日本人が反動化しているとか、維新が大阪でこれこれのことをやっていることが評価されたとか、あるいはかくかくしかじかの悪行が知られていないとか、緊縮派の台頭であるとか、そういう意味づけである。

 しかし、もっとシンプルに、立憲民主党と共産党を中心にした野党共闘が全体として「リベラル・左派」色が強くて、そこに乗り切れない層が出てきて、それが維新に行った、というほどに見るのが正解なのではないかと思う。維新の躍進に、あまり過剰な意味づけをしなくてよい。

ウイングを右に伸ばせ

 政治学者の菅原琢が次のように言っているのは正鵠を射ている。

 野党共闘は、一定の効果を発揮した。そこにあまり疑問の余地はない

 62の小選挙区で競り勝ち、多くのところで惜敗まで持ち込んだ。これは実証的に見てもそうだ。

www.jcp.or.jp


 立憲民主党は、旧希望の党や旧国民民主党などからの合流で膨らんでいたので、そこは「改選直前から減った」ということだけであまり評価しない方がいい。また、小選挙区で1つだけの議席を争うものだから、議席に実らなかったことだけから見ない方がいいとも言える。

 では課題なしなのかといえば全くそうではない

 問題は、惜敗した大量の選挙区があるわけで、自民・公明がこれを恐れたのであるが、にも関わらず、そこを伸ばしきれない原因があるとすれば、「野党共闘が左派・リベラル色が強かった」ということになる。

 惜敗を打ち破り、実際に勝利するためにはどうしたらいいのか。そこが考えどころなのである。

 野党共闘を解体したい人たちは、そこから「共産党を切れ」ということになるのだが、それは論理的にもおかしいのである。今度は左の票がなくなってしまう。

 そうではなくて、左が固められたのだから、右へウイングを伸ばすべきなのだ。

 野党共闘からは、国民民主党がそっぽを向いている状態であるのはその意味で惜しい。前原誠司や細野豪志のような色合いの人も同様である。

 以前紹介したが、政治学者の山本健太郎は『政界再編』(2021年7月刊行)という本の中で「最も多くの有権者は中道の穏健な政治を好む」として「自民党よりやや左の中道保守」というポジショニングを「政策位置のことだけを考えれば、これは至って合理的な選択」(山本p.228-229)と述べている。

 これは、2020年に安倍政権が倒れた時に、松竹伸幸が「安倍政権に見習うべきだ」といって野党共闘の陣営に向かって勧めていたことだった。

 松竹は2020年10月に書いた『安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない ——野党共闘の可能性を探る』で安倍政権のしたたかさについて、こう言っている。

 つまり、これまで見てきたように、安倍政権は、右派の岩盤支持層を固めつつも、右派が嫌うことにも触手を伸ばし、リベラル・左派にウィングを広げてきたのである。右寄りの岩盤支持層は〔中略〕数としても多い。その支持が当てにできるのであるから、政権が安定するには大きな要素である。

 その上で、安倍政権は、これもそれなりの数がいるリベラル・左派が共感するようなアプローチをとってきた。岩盤支持層には不満の残るやり方なのだが、だからといって岩盤支持層がリベラル・左翼政党に支持を移すことはないので、安倍氏は自由に動き回ることができたのである。

 こういうやり方は、リベラル・左派こそ学ばなければならない。例えば、護憲という課題のことを考えても、護憲政党が自衛隊の問題について、侵略性を増しているとか、反人民的な軍隊だとか、いくら自衛隊を否定するような言葉を証拠を羅列しても、護憲派が内部で喜び、内部で盛り上がるだけであり、外への支持は広がらない。

 そういうやり方ではなくて、護憲政党の側から、自衛隊を肯定する人たちが共感するようなアプローチを考え、実践しないと、改憲派が護憲派の声に耳を傾けることすらない。そんなことをすると、従来型の護憲派は不満を高めるだろうが、それは無視していいのである。なぜなら、そういう護憲派は、そんなことで護憲派の立場を放棄することはないからだ。安倍氏がいくらリベラルに寄った言動をしても、岩盤支持層が逃げていかないのと同じである。(松竹p.63)


安倍政権は「倒れた」が「倒した」のではない
作者:松竹 伸幸
かもがわ出版
Amazon

 実際、今度の選挙戦で、ぼくのまわりの共産党員・共産党支持者でも、いざ選挙区での一本化合意がされて他の党の候補者を推すことになったら、選挙区によっては「あんな人を推すの!?」という不満を言う人がいたのだが*1、それでも公示後は選挙カーでその候補の支持を訴えていたし、電話で支持のお願いをしていたのである。左派、特に共産党の場合、大義の旗がきちんと立っていれば、岩盤支持層は逃げていかない。

 ぼくも、ずいぶん前の段階だが、旧民主系にいる、共産党との共闘に否定的な人たちは、むしろ積極的に共闘の中に入ってきて、自分たちの理想や政策を共闘に盛り込み、議論の力で共産党を凌駕して乗り越えるようにすべきだと述べてきた(4年ぶり2回目)。

kamiyakenkyujo.hatenablog.com

 特にそれは防衛・軍事政策の分野である。

 松竹は、この本の中で野党共闘が取るべき防衛・軍事政策として、「核抑止抜きの専守防衛」を提唱している。

 共産党に対しては、「もし志位氏が防衛大臣になったらどうなるのだろうか」と提起し、専守防衛を正式に認めて、政権を担当したらしっかり運営できるようにしろ、と注文をつけている。共産党は連立・連合政権の場合「違いは持ち込まない」としていており、もしも共産党が閣僚になれば内閣の一員として当然安保法制の前まで自民党が運営していた自衛隊運営のやり方を踏襲することになる。

 これは共産党自身もそう言っている。ここまではいい。それはそれでいいのだが、松竹としてはそれだけでは弱いと考えたのだろう。共産党は将来国民が「もういいかな」と思えば自衛隊を段階的に解消するという方針をとっているのだから、「それまでの間、自衛隊をこう運用する」と積極的に言えた方がいいのである。

 要するに、〔一九〕九八年の連立政権論〔不一致点は持ち込まず、その不一致点は前政権のものを踏襲し改悪をしないという1998年に共産党が打ち出した主張〕では想定されなかった事態への対処が求められているのだ。従来型ではない思考方法が共産党には求められる。

 そのために大事なことの一つは、自衛隊や専守防衛に対する考え方を発展させることである。簡単なことである。〔中略〕現在については、国民が自衛隊を必要と考えているという段階であるというだけでなく、共産党の国民と同じく専守防衛の自衛隊が必要だと考えている段階だという考え方を明確にすればいいのである。

 国民が自衛隊について考えていることを、そのまま共産党が受け入れればいいのである。将来、自衛隊を解消するという点では野党との間に深刻な意見の違いがあるが、現段階では野党と基本的に同じだとすればいいのである。(松竹p.112-113)

 松竹は共産党の政策委員会にいただけあって、よくある単純な「共産党は現在の方針を捨てて自衛隊を認めろ」論ではない。将来の自衛隊解消とその中間段階の立場という「現在の共産党の理想・方針の論理の方向でこの発展が可能だ」ということを説得していて非常に面白い。

 今回、防衛・軍事政策の打ち出しは、立憲民主党では弱かった(共産党は「外交」方針はあったが、いわゆる「防衛」政策はほとんど聞こえなかった)。

 そこは多くの国民が不安に感じているところだ。50代以上では景気対策とともに、外交・安保を今回重視したことが以下の表からもわかる。

あわせて読みたい

「野党共闘」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  4. 4

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  5. 5

    愛子さま 学業の傍ら蚕飼育10年以上「日本の伝統」守る決意

    女性自身

    12月05日 13:50

  6. 6

    「女性天皇になるか主婦になるか」引き裂かれ続けた愛子さまの20年

    PRESIDENT Online

    12月05日 13:41

  7. 7

    ゼロリスク、ゼロコロナ追求で失う重大な勝因

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    12月05日 12:07

  8. 8

    海外から中国に移送される台湾人――犯罪人引渡し条約の政治利用とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    12月05日 17:55

  9. 9

    世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

    PRESIDENT Online

    12月05日 12:34

  10. 10

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。