記事

米需要を支えていた?フードロス

1/2

私の興味は森林だけ、と思っている人がいるかもしれないが、そうではない。農業や水産業にも目を配っている。自然と人の関わりを考えるには、農林水産業は大きなとば口になるからだ。

で、最近気にしているのが、米価

今年の米価が大きく下落したことを知っているだろうか。銘柄米(1等米)は軒並み前年比2000~4000円(60キロ)程度下落した。 なかには1万円を割り込んだ銘柄もあり、米農家はやってられんだろう。高齢化の進む農家の中には、これを機に離農の動きもあるという。

私は、この米価が落ちた原因に興味がある。いや落ちた謎というべきか。

下がった一義的な理由は、需要が減ったのに農作で供給量が増したから。

では、なぜ需要が減ったのか。一般には、コロナ禍で飲食店が営業できなくなり、客も減ったからと思われがちだ。しかし、ここで疑問が湧く。外食しなくても飯は自宅でも食べるはずだからだ。家庭での消費が増えたら、プラスマイナスゼロになると思えるのだが。多少のぶれはあるにせよ、価格に影響あるほどいきなり需要が急減したのはなぜか。そもそもコロナ禍がなくても、人口減少と高齢化で主食用米の需要は毎年10万トンのレベルで減り続けていたのだから、減少は計算に入っていたはず。実際に21年産米の作付け転換面積は、6万3000ヘクタールと「過去最大規模」になっていた。全体的に供給量は減らしていたのだ。それなのに米価が急落するのは解せん。

需要が減った理由はいろいろあるのかもしれない。ただ、理由の一つとして指摘されるのがフードロスの減少だ。

どうやら、これまでの米の需要に飲食店の廃棄ロスも消費量に含まれていたらしい。それが想像以上に莫大にあった。たいていの店舗で見込み炊飯する。あるいは店頭にないと困るので、始めから捨てる覚悟で多めに用意する。また客の残す米飯も多い。そんな捨てていた米。この「消費」がコロナ禍で消えたというのだ。自宅の米は、食べる分だけ炊くから、そんなにロスは出ない。出てもしれている。……このように考えると、なんと、ロスこそ米需要を支えていた可能性がある。それが失われると農家が困るのだ。

ちなみにパン屋でも、閉店間際でも店頭に並べなくてはならないので、廃棄するパンが非常に多いと聞いていた。それと同じことが米飯にも起きていたのかもしれない。

あわせて読みたい

「フードロス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    特定個人をヒトラーに重ねて侮辱しても許されるって日本人がこんなにいるとは驚きだ

    橋下徹

    01月28日 10:27

  2. 2

    「株式市場より内閣支持率」という岸田首相の「合理的判断」

    内藤忍

    01月28日 12:36

  3. 3

    ヒトラー発言で謝罪せず開き直る菅直人氏 人間味のない対応が立民の敗因の一つに

    鈴木宗男

    01月29日 09:50

  4. 4

    ロシア侵攻ならパイプライン開通を阻止 米政府、ウクライナ危機で警告

    BBCニュース

    01月28日 17:22

  5. 5

    「党として対応といっても…」菅元総理のツイートめぐる抗議文について立憲・泉代表

    ABEMA TIMES

    01月28日 13:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。