記事

JAL2期連続赤字へ 最終赤字は1460億円の見通し

前期から赤字額は半減に

 

 旅客需要の回復が遅れている日本航空(株)(TSR企業コード:291141005、東京都品川区、東証1部)は、2022年3月期の連結最終利益が1460億円の赤字となりそうだと発表した。赤字となれば2期連続。ANAホールディングス(株)(TSR企業コード:290096677、東京都港区、東証1部)も同期の最終利益は1000億円の赤字予想で、旅行や出張など旅客需要の回復が鈍く、航空業界は新型コロナの影響が長引いている。

 11月2日に公表した2022年3月期(連結、IFRS)の業績予想は、売上高(売上収益)7660億円(前期比59.2%増)と急速な国内旅客の回復と好調な国際貨物が寄与する見通しだが、コロナ禍前と比べると依然として厳しい環境が続く。最終利益1460億円の赤字(前期2866億9300万円の赤字)と過去最大の赤字だった前期から約1406億円赤字幅が縮小する計画。固定費の削減効果が出てきた。

 同時に発表した2021年4-9月中間(連結)は、売上高2906億4700万円(前年同期比49.2%増)、最終利益1049億7600万円の赤字(前年同期1612億2600万円の赤字)だった。国際貨物が好調だったが、旅客数は4-9月でコロナ前の2019年同期と比べ国際線が7%、国内線も3割の水準にとどまった。

あわせて読みたい

「JAL」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    特定個人をヒトラーに重ねて侮辱しても許されるって日本人がこんなにいるとは驚きだ

    橋下徹

    01月28日 10:27

  2. 2

    「株式市場より内閣支持率」という岸田首相の「合理的判断」

    内藤忍

    01月28日 12:36

  3. 3

    ロシア侵攻ならパイプライン開通を阻止 米政府、ウクライナ危機で警告

    BBCニュース

    01月28日 17:22

  4. 4

    「党として対応といっても…」菅元総理のツイートめぐる抗議文について立憲・泉代表

    ABEMA TIMES

    01月28日 13:07

  5. 5

    ヒトラー発言で謝罪せず開き直る菅直人氏 人間味のない対応が立民の敗因の一つに

    鈴木宗男

    01月29日 09:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。