記事

「人を大切にする経営」は理想論か? コロナの危機にも曲げない、クルミドコーヒーの「結果を手放す」経営哲学

3/3

「一人ひとりの幸せ」と「経済」が両立可能だと証明するには、このやり方しかない

編集部
編集部
コロナ禍で新たな取り組みをはじめているとはいえ、影山さんは「お金や売り上げを最優先にしない」経営を続けているわけですよね。

今後もこのやり方を続けていくのでしょうか?

影山
影山
はい。このやり方を続けていこうといます。

やっぱり、ぼくらがお店をやるのは、お客さんによろこんでもらいたいし、売り上げやお金のためにメンバーを手段にするようなこともしたくないからです。

クルミドコーヒーや胡桃堂喫茶店にかかわってくれる一人ひとりが、のびのびと自分の人生を生きるための力になりたいと思うんです。



影山
影山
そして、一人ひとりの幸せと経済が両立可能なのだということを証明してみせたい。それは僕のライフテーマと言ってもいいですね。

そしてそのことを証明するには、このやり方しかないと思っています。

編集部
編集部
なるほど。

影山
影山
二宮尊徳が「道徳なき経済は罪悪であり、経済なき道徳は寝言である」という言葉を残しています。とてもいい言葉だなと思って、僕にとっての座右の銘のひとつです。

僕の本のタイトルとも重なりますが、「ゆっくり」という中心点と、「いそぐ」という中心点を2つ持って、この2つの点から等距離にある点をつないでいくと楕円になります。

ある時は「ゆっくり」方向に振れて、お金になろうがなるまいが、自分たちの想いに忠実に仕事をしていく局面があって、一方で今回のように経営的な危機の局面では「いそぐ」というほうに行くこともある。でも「いそぐ」ほうに行ったとしてもそれで終わらずに、ちゃんと戻ってくる。

ぐるぐると回りながらこの運動を続ける物体の楕円軌道には遠心力が働くから、ちょっとずつ軌道が大きくなって、よりたくさんの「ゆっくり」とよりたくさんの「いそげ」が実現できるようになる。そんなイメージを持っています。



編集部
編集部
影山さんの考えに共感する人も多いのではないでしょうか。

一人ひとりの幸せと経済を両立するために、経営者が果たす役割はとても大きいと思います。経営者にはどんなマインドセットが必要だと考えていますか?

影山
影山
たしかに経営者は、この世の中の重大なキャスティングボートを握る存在です。

部長や課長がどんなに頑張っても、経営者が「組織の目的のために人を利用する」という姿勢だったら、現場はその力学から逃れられません。

僕は「利用(take)から支援(give)へ」という言い方をします。

編集部
編集部
「利用(take)から支援(give)へ」ですか。

影山
影山
はい。

理念や目的のためにチームや人を利用するのではなく、経営者や会社がチームや人のためにどんな支援をできるか。それを考えることは、結果的には経営者自身にも利益をもたらしてくれるはずだと信じています。

「ゆっくり、いそ」ぎたいと思いながら、組織の力学から自由になれず、組織から求められる数字や成果と、現場で目の前の人を大事にしたい気持ちのはざまで苦しんでいる人たちの話を聞くことも多いので、経営という重荷を背負う全国の仲間たちには、「こういうやり方もあるかもよ」と伝えたい気持ちです。

もしつぶれたとしても「やってよかった」と思える経営を

影山
影山
これからの経営ということで考えるなら、究極的には「結果を手放す」ことこそがこれからの極意となるような気がします。

編集部
編集部
結果を手放すとはどういうことでしょうか?

影山
影山
僕はお店を始める前コンサルティング会社や投資ファンドで経営支援の仕事をしていました。結果を出すために戦略的・論理的にやり方を組み立てて、実行していく仕事です。

そうした場面で重視される成果主義を全否定するつもりはありません。そういうやり方をするからこそ、短期に成果が出たり、資源が有効活用される面があるのは事実でしょうから。

ただ根本的には、結果をコントロールするという発想には無理があるんじゃないかとも感じています。

編集部
編集部
たしかに、コロナ禍にしても予測して計画的に対処することは不可能でした。



影山
影山
今後も同じなんですよね。未来というのは最後まで予測できないものです。

そのなかで僕がいつも意識しているのは、もしつぶれたとしても「やってよかった」と思えるような経営ができているかということです。

少なくとも、僕はいまそう思えているので、何かがあってお店がつぶれたとしても、あまり後悔しない自信はあります。

もちろん会社をつぶしたいなんて思っているわけではありませんが、中途半端な仕事をして、自分に嘘をついて、どこかで怠けてしまった結果として会社をつぶしてしまったら、後の後悔はとても大きなものになると思うんです。

編集部
編集部
確かに、そうかもしれません。

影山
影山
弓道に「正射必中」という言葉があります。「的に当てようとするのではなく、正しく弓を射れば必ず当たる」という教えです。

僕たちが日々店舗に立ち、一つひとつの仕事や、一人ひとりのお客さんとの関係を大切にしていくことも同じだと思っています。

ここまでやって、ここまで手を尽くしてもダメなんだったら、それはそれでもうしょうがない。そう思えるくらいに、覚悟をもって日々の仕事であり経営に向き合うことができたなら、逆説的ですけど、結果的にその事業は長続きするんじゃないかとも思うのです。

「死中に活あり」。

いきいきと、のびのびと、日々を生きて、結果は未来に委ねたいと思います。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。