記事

いつかはゆかし徹底検証 - 本当の投資顧問契約額はいくら?

前2回は予想以上の反響を得た「いつかはゆかし徹底検証」の第3弾です。
 ・「いつかはゆかし」徹底検証 - おかしな解約条件
 ・「いつかはゆかし」徹底検証 - 特徴的な契約の注意点

世間では、私なんぞよりはるかにネットでの存在感が大きいやまもといちろう氏が独自調査を進めているようで徹底調査度合では完敗ですが、あくまで徹底検証シリーズは全く別路線ということで薦めさせていただきます。

今回は「いつかはゆかし」を提供するアブラハム・プライベートバンク株式会社【投資顧問契約額】にフォーカスします。

早速ですがクイズです。

「最近のアブラハム・プライベートバンク株式会社の投資顧問契約額はいくらでしょうか?」




Google先生で「アブラハム 投資顧問契約額」「アブラハム 投資助言契約額」などで検索した方いますか?その数字を覚えていてください。

上のキーワードで私が2月20日にGoogle先生に尋ねたところ、公式サイトの「アブラハム・プライベートバンクの投資助言契約額累計517億円に」というプレスリリースがトップに表示されました。
日本最大(注1)の海外投資専門の投資助言会社アブラハム・プライベートバンク株式会社(http://abraham-bank.co.jp/ 本社:東京都港区、代表取締役社長:高岡壮一郎、金融商品取引業者(投資助言・代理業) 関東財務局長(金商)第532号)は、投資助言契約額が累計517億円(2012年12月末)に達しましたことをお知らせいたします。

上記プレスリリースには2012年12月末に投資助言契約額が累計517億円になったことが書かれています。

つい2か月前の数字ですので、これに近い金額がアブラハム・プライベートバンク株式会社の投資顧問契約額でしょうか?


他の資料も見てみましょう。チェックするのは下の3つです。
1. 日本投資顧問業協会の投資助言・代理会員台帳 (平成24年3月31日現在)
2. アブラハム・プライベートバンクのHP等に記載されていた投資助言契約総額
3. アブラハム・プライベートバンクが発表している2012年12月末現在までの「投資助言契約額累計の推移」の図




1. 日本投資顧問業協会の投資助言・代理会員台帳 (平成24年3月31日現在)
日本投資顧問業協会の『投資助言・代理会員台帳』(平成24年3月31日現在)に、アブラハム・プライベートバンク株式会社の平成23年7月末時点の状況が記載されています。

今回注目するのは【8. 投資顧問契約の契約件数及び契約資産額】資産総額の欄です。
画像を見る

平成23年7月の投資顧問契約の資産総額は144.07億円となっています。

2011年7月に契約資産額は144.07億円です。


2. アブラハム・プライベートバンクのHP等に記載されていた投資助言契約総額
次に公式サイトでどのように書かれていたかを見てみます。
アブラハム・プライベートバンク株式会社は、関東財務局長(金商)第532号投資助言業の登録を受けた、日本最大(投資助言契約額の累計400億円(2010年9月末現在))の海外投資専門コンサルティング会社です。

この文言はアブラハム・プライベートバンクの公式サイト等に記載されていた文言です。最近は多くのページで情報が2012年9月末のものに更新されておりGoogleのキャッシュ等でしか見られなくなっていますが、いくつか残っているものもあります。
例えば、「アブラハムプライベートバンクのメディア掲載一覧」(http://abraham-bank-media.com/)にはまだ上で引用した2010年9月の記載が残っています。
リンク先を見る
*画像クリックで拡大します)
*上記サイトの2013年2月21日時点のウェブ魚拓はこちらです)
*「いつかはゆかし」トップ掲載時の該当部分のキャプチャはこちら

2010年9月の投資助言契約額の累計400億円です。



3. アブラハム・プライベートバンクが発表している2012年12月末現在までの「投資助言契約額累計の推移」の図
公式サイトの「アブラハム・プライベートバンクの投資助言契約額累計517億円に」というプレスリリースにあるグラフです。グラフは月別になっています。
「投資助言契約額累計517億円(2012年12月末現在)」と言っているだけあって、棒グラフの2012年12月末はそのあたりにバーがあります。

次に1と2で見た以下の月をチェックしてみましょう
 ・2010年9月
 ・2011年7月

何か不思議なことが起きています。
 ・2010年9月は400億円のはずなのに、グラフでは100億円強です
 ・2011年7月は144.07億円のはずなのに。グラフでは200億円弱です
リンク先を見る

*年を分けるピンクの戦及びコメントは筆者が追加

・2010年9月
 ・投資助言契約額の累計400億円
(アブラハム・プライベートバンク公式サイトより)
 ・投資助言契約額累計が100億円強 (投資助言契約額累計の推移グラフより)

・2011年7月
 ・投資顧問契約額が144.07億円
(日本投資顧問業協会の会員台帳より)
 ・投資助言契約額累計が200億円弱 (投資助言契約額累計の推移グラフより)




さて、もう一度お伺いします。

「最近のアブラハム・プライベートバンク株式会社の投資顧問契約額はいくらでしょうか?」

これに答えるのは簡単ではないでしょう。



●数字の違いの理由を考える
上の数字の違いの理由を少し考えてみましたが、一つは用語の定義で説明できそうです。
「投資助言契約"累計"」「投資顧問契約額」という用語の違いです。

アブラハム・プライベートバンクが公式ページ等で「投資助言契約累計」を使っています。累計ということは、現時点では契約していない過去の契約額も全部積上げて計算している可能性があります。
以下はそのイメージです。
画像を見る
○月×日時点の契約額は7億円(Bさん2億/Dさん5億)です。一方、今まで契約した金額全てを合算すると22億円です。

過去に契約していた金額も含めていると考えれば、2011年7月としてアブラハム・プライベートバンクが公式ページ等で公表している「投資助言契約累計」『日本投資顧問業協会の会員台帳』の差の説明はつきます。(過去に契約していたが、もう契約していないのが50億円くらい)

この定義の場合、累計で517億円であっても現時点の契約額はいくらかは分かりません。時間の経過とともに契約終了は随時発生するはずですので、投資顧問契約額は517億円よりそれなりに小さい額になるかと思います。


ところが、謎が残ります。
上の定義の違いでは2010年9月の数字の説明がつきません。

共に「投資助言契約額累計と謳われながら、金額には400億円と100億円強の違いがあります。
ここは謎です。

あわせて読みたい

「いつかはゆかし」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。