記事

夫婦別姓制度「一般の方々が十分理解されていない部分もある」衆院選一夜明け岸田総理が会見で語る

衆議院選挙から一夜明けた11月1日、自民党の岸田文雄総理が党本部で記者会見を開いた。会見では夫婦別姓制度について記者から問われる一幕があった。

岸田総理は「議論は進めていくべき」としたが、「一般の方々が十分理解されていない部分もあるのではないかという点も感じている。国民の理解ということについても政治の立場から議論を進めていくことが大事ではないか」と述べ慎重な姿勢を見せた。

共同通信社

朝日新聞(「自民に夫婦別姓の推進議連、100人超 慎重派も設立へ」)によると、岸田総理は今年3月、自民党の有志議員でつくる「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」を自らも呼びかけ人となり設立したが、自民党総裁選では選択的夫婦別姓制度について「慎重に判断すべき」としていた(【独自】自民党総裁選4人の候補者に政策方針アンケートを実施 消費増税の可能性から夫婦別姓の是非まで)。

夫婦別姓制度に関する記者と岸田総理の質疑応答全文は以下の通り。

記者:衆院選では岸田総理が総裁選で掲げた「生まれ変わった自民党」を十分アピールできなかったのではという指摘があります。選挙を振り返って国民に変化を伝えられたとお考えか。「生まれ変わった自民党」を今後アピールするために例えば選択的夫婦別姓を加速させるというお考えはありますか。

岸田総理:今回の選挙を通じまして、自公政権に対して国民の信任をいただいたと受け止めておりますが、選挙期間中自民党に対して厳しい声が寄せられたことはありました。こうしたことはしっかりと受け止めなければならないと思いますし、自民党が生まれ変わったかどうかは有権者のみなさんが判断されることでありますので、引き続き我々としては不断の努力を続けていきたいと思っています。

そして選択的夫婦別氏制度について取り組む考えはあるのかという話がありました。私は社会の多様性というのは活力の源であるということから、多様性は大事にしていかなければならないと思っています。そして選択的夫婦別氏制度については、実際困っている方、必要とされている方がおられますので、議論は進めていくべきだと思っています。

しかしながらこうした制度は社会全体として受け入れる制度であるからして、国民の幅広い理解が伴わなければならない。私自身地域、あるいは地元で色々対話をする中で、この制度についての理解、一般の方々が十分理解されていない部分もあるのではないかという点も感じております。ぜひ国民の理解ということについても政治の立場から汗をかいて議論を進めていくことが大事ではないかと思っています。

あわせて読みたい

「夫婦別姓」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  7. 7

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  8. 8

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  9. 9

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  10. 10

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。