記事
  • ロイター
  • 2021年11月01日 08:35 (配信日時 11月01日 08:32)

米大統領、G20のエネルギー産出国に増産要請

[ローマ 30日 ロイター] - バイデン米大統領は30日、余剰生産能力がある20カ国・地域(G20)の主要エネルギー産出国に対し、世界経済の回復を促すため、増産を求めた。

石油輸出国機構(OPEC)プラスに増産を求める広範な対策の一環。

原油・天然ガス価格は値上がりしているが、ロシアやサウジアラビアなど一部のエネルギー産出国の増産では、エネルギー消費国の需要に対応できていない。消費国の間には、エネルギー不足とインフレに対する懸念が広がっている。

マクロン仏大統領も、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、同様の懸念を示し、新型コロナ流行後の世界経済の回復の腰折れを防ぐため、G20サミットで、より良い「価格の見通しと安定」を後押しする必要があると訴えた。

米政府高官は、G20のセッション終了後、記者団に対し、OPECプラスがさらなる措置を講じない場合、エネルギー消費国に何ができるか協議を開始したと発言。

「OPECプラスが増産を強化しない場合、この状況に対応するどのような手段があるのかを考えるため、パートナーと私的に協議できなければならない」と述べた。

別の米政府高官は「世界経済は微妙な時期にある。重要なのは、世界のエネルギー供給が、世界のエネルギー需要に歩調を合わせることだ」と指摘。「余剰能力がある主要エネルギー生産国が存在しており、世界全体のより力強い、より持続可能な回復を確実にするため、余剰能力の活用を促していく」と述べた。

同高官は、G20首脳がOPECを標的にすることや、エネルギー生産の目標を設定することはないと述べた。

ロシアのプーチン大統領は、ローマで開催されたG20サミットへの対面出席を見送った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    米国の北京五輪"外交ボイコット"で板挟みの日本 思い出される天安門事件直後の悪夢

    WEDGE Infinity

    11月29日 10:04

  6. 6

    元横綱・白鵬のテレビ解説が大好評 相撲協会は「白鵬の乱」に戦々恐々

    NEWSポストセブン

    11月29日 14:46

  7. 7

    オミクロン株に悲観し真っ先に急落 日経平均の脆弱さ

    韋駄天太助

    11月29日 12:09

  8. 8

    すべてのページは読み切れない…無印良品が2000ページのマニュアルを作る本当の理由

    PRESIDENT Online

    11月29日 12:52

  9. 9

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

  10. 10

    再送日本政府、外国人新規入国を全面禁止 30日から「当面1カ月」

    ロイター

    11月29日 14:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。