記事

ロシア人はなぜ高い授業料を払って「サウナの入り方」を学ぶのか - 徳永勇樹

1/2
バーニャから見える景色はロシアの原風景 写真・筆者提供

ここ数年、日本ではサウナブームが続いている。ロシアにも伝統的なサウナ文化があり、なんと正しい入り方を学ぶための学校まで存在する。日本人の筆者がロシアの「サウナ合宿」に参加して見たものとは――。

「バーニャ学校の合宿があるのですが、行ってみませんか?」

 2021年5月、モスクワを短期訪問中の筆者に声をかけてくれたのは、日本でロシアのバーニャ文化を広めようと努力するバーニャジャパン株式会社の根畑陽一・代表取締役社長だった。バーニャとはロシア式のサウナのこと。日本ではサウナというとフィンランドのイメージが強いかもしれない。しかし、ロシアにもフィンランドに劣らないサウナ文化があり、その楽しみ方を学ぶ学校まで存在するのである。

 バーニャ合宿の費用は二泊三日で2万2000ルーブル(約3万5000円)だという。日本人にとっては目が飛び出るほどの値段という訳ではないが、ロシア(特に地方都市)の給料水準で考えると、モスクワまでの交通費も含めれば人によっては給料1カ月分に相当する。決して安い授業料ではないにもかかわらず、首都モスクワだけでなくロシア全土から、場合によっては海外からもわざわざ学びにやってくるそうだ。

 いったい誰がどんなモチベーションで、そんな大金をかけてやってくるのか、俄然興味を持った。筆者も日本にいるときにはサウナをよく利用していたが、入り方を他人に学んだことなどない。せっかくの機会だからと、その合宿に参加してみることにした。

 5月中旬のある日の夕方17時。根畑氏と私はモスクワ市中心部から南へ150キロの学校を目指すタクシーの車内にいた。同乗者はロシア中部から参加したセルゲイさん、北極圏ヤマル・ネネツ自治管区出身のアレクサンドル氏。彼らもまた、今回の合宿に参加するためだけにロシアの地方都市から飛行機でやってきたのだという。モスクワ市内の渋滞にはまりながら約3時間半かけて学校に到着した。モスクワ州内とは思えないほど空気が綺麗で、静かだ。周囲には教会と東屋しか見当たらず、19世紀のロシアの雰囲気を色濃く残す、田舎の風景が目の前に広がっていた。

 出迎えてくれたのはアシスタントのマリーナさん。彼女も数年前にバーニャの魅力に取り憑かれ、この学校の職員となったという。建物の中に入ると、大変なごちそうが待っていた。「健全な精神は健全な肉体に宿る」という言葉があるが、バーニャは人間が心身ともに健康になるための過程だ。だから、近くで取れた野菜や果物、また自家養蜂で取れた蜂蜜をふんだんに出してくれるのだという。贅沢な夕食に舌鼓をうって、合宿1日目は終わった。

合宿中の食事風景。手前がマリーナさん 写真・筆者提供

まずは人体構造の講義から

 翌日からはいよいよ授業が始まった。講師を務めるのは、ヴァシリー・リャーホフ氏。バーニャに携わって36年という大ベテランである。彼の手ほどきで“本物の”バーニャを体験した人の中には、「人生で初めて、バーニャで汗だけでなく涙も出た」という言葉を残した人もいるという。

 初日は座学が中心で、すべてロシア語で説明がなされる。バーニャ学校の授業と聞いて、参加する前は「ヴェーニク(オークや白樺などの葉を束ねたもの)」を上手に扱う技術「ウィスキング」を学ぶ場所かと思っていた。ヴェーニクでお互いの体をバシバシと叩くウィスキングという行為は、ロシアのバーニャ文化の大きな特徴の一つだ。フィンランドでは「ヴィヒタ」と呼ばれる。ところが、合宿で最初に学んだのは意外にも人体の構造だった。人をもてなすなら、まず肉体的な構造を理解すべし、という発想だそうだ。

 日本では風呂に1時間以上入れば長風呂といわれるが、ロシアのバーニャでは2~3時間、それ以上の滞在も当たり前である。浴室に入った後は水風呂やプールにつかり、少し落ち着いたところで一度外に出て、休憩室でリラックスする。さらに食事をしたりお茶を飲んだりして、しばらくしたらまたバーニャに戻る。このサイクルを3回ほど繰り返す。また、日本ではサウナはひとり静かに入るのが主流だが、バーニャは基本的に一人で入るものではない。ロシア人にとってバーニャの本質とは、高温の浴室で汗を流すことではなく、人と人とが交流する社交場、仲間との縁を深めるための場所なのだ。単に浴室に滞在するだけでなく、その前後の過ごし方までも気を配らなければならない。ウィスキングだけが上手くてもバーニャを極めたことにはならないのだ。リャーホフ氏は「バーニャとは私の人生そのもの」と言っていた。

バーニャを究めるには人体構造に関する知識から 写真・筆者提供

 馴染みのない人体構造の講義を一通り受けた後は、徐々に技術的な話に移っていく。二人一組のペアになって、ヴェーニクの使い方を学んだ。

「ヴェーニクは叩くものではない、あなたの目の前に浮かぶ水蒸気を扱う技術だ。だから、そこに水蒸気の塊があると思ってヴェーニクを扱いなさい」

 筆者には水蒸気は見えなかったので、見様見真似で手を動かしているが、

「違う、そうではない」とアシスタントのマリーナさんから喝が飛ぶ。

「あなたにはまだ見えていない。水蒸気が見えていない」

 と言われて弱ってしまう。あたかも禅修行に励む修行僧のような気持ちになりながら、必死に手を動かしていく。

あわせて読みたい

「サウナ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

  5. 5

    濃厚接触者への制限で社会が止まる。大至急、コロナの特性と現状に見合った方針転換を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月25日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。