記事

田原総一朗氏への反論

私の昨年の訪中関連で、田原総一朗氏によって事実に全く反する記事が書かれていることについて、強く抗議するとともに、真実を記しておきたい。

1.週刊朝日2013年3月1日号の39ページと田原氏の公式ブログ(2013年2月18日付け)について、真の事実関係は以下のとおり。

(1)先ず記事は、私が昨年8月に訪中し戴秉国国務委員に会った後、「戴秉国国務委員に、首相にも外相にも内密でもう一度会っている」とか、「首相にも外相にも内密で、その後再び会った」とあるが、事実問題として、戴秉国国務委員と会って話したことは、後にも先にも昨年8月31日の一度しかなく、「もう一度会った」とかは全くない。事実無根である。
したがって、(存在しない)「2度目の会談」で、「平行線の繰り返しではなく、戴秉国氏が納得できる形になったのではないか」ということもない。

(2)ちなみに、8月31日の私と戴秉国国務委員との会談において、島については私からは日本側の立場を正確に伝え、譲歩的な発言は一切しなかったことを明記しておきたい。記録も有る。
会談は一対一で、午前11時から午後2時まで約3時間、将来の日中関係、世界の地政学等々、極めて深く広い話題を縦横無尽に、お互い時の経つのも忘れて話し合った。戴秉国国務委員は一対一の対話という形にこだわり、通訳以外の同席は認められなかったので、急遽石川中国課長が通訳として入ってくれた。石川課長は会談直前大変緊張していた様子だったが、終わった時はホッとした表情で「すごい内容だったですね。」と褒めてくれた。

(3)外務副大臣として、公の会談を行う場合、必ず公電によって記録され、東京に送られ、省内は大臣のみならず、主要な幹部、担当部局に全て回される。また、このような重要なものは、官邸の総理、官房長官等へも送付される。私と戴秉国国務委員との会談記録も、当然のことながら、玄葉外相、野田総理に報告されている。加えて、私自身から、玄葉外相に正確に報告した後、官邸に行き、野田総理、藤村官房長官に極めて正確に報告した。ちなみに、前日(30日)、フエイ外交部副部長と約5時間にわたって会談を行ったその記録も、同様に、玄葉外相、野田総理等々にキチンと回されているし、帰国後、私からも彼らに直接報告した。

(4)同記事の中に、「報告を受けた外相は強い危機感を持って、激しく副大臣をしかった」とあるが、「再訪中」などなかったのであるから、こういう事実は全く無い。

(5)ちなみに、田原氏は公式ブログの中(2013年2月18日付け)で、存在しなかった「再訪中」を前提に、「中国側としては、日本を代表する立場で来た人間が、譲歩するかのような発言をした、と受け止めた。一安心したに違いないだろう。」としているが、「再訪中」していないし、「譲歩するかのような発言をした」ということもなかったのだから、中国が「一安心したに違いないだろう」いうのは、事実無根の想像上の産物としか言いようがない。

(6)週刊朝日の記事で「外務副大臣の勇み足」というタイトルは、存在しなかった私の「再訪中」を大前提に、しかも私がしていない「譲歩するかのような発言」ゆえに、「勇み足」と言っているのだろうが、以上、全てまったく事実無根のでっち上げなのであるから、極めて不適切と言わざるを得ない。
ジャーナリストとして名高い田原総一朗氏が、このように、事実無根の記事を堂々と週刊朝日に掲載されたり公式ブログで記事を書かれた責任は極めて重い。
また、田原氏はもちろん、この記事のソースとなる(偽りの)情報をシンポジウムで語ったとされる石川好氏も、それほど重要な内容であるにもかかわらず、私本人には一度として事実関係を確認することなく、公の場で私を落としめるが如き発言、発信は真に遺憾である。



2.
(1)尖閣については、昨年4月に石原都知事(当時)が購入しようとの話が出て以降、いろいろなことが起きたわけだが、私は、当初から当時の玄葉外相、野田総理には、石原都知事が購入するかどうか、先ず見極めればよいとの意見であった。何故なら、①本気なら都議会に根回ししていただろうが、していない。②本気なら石垣市に一言ぐらい言っていたろうが、言っていない。本気なら、ワシントンで言わず、日本で言っているはずだからだ。案の定、石原さんは途中で都知事を放り出し、尖閣購入問題は、放り出したままである。

(2)そして、私が全く知らない間に、国有化の動きをコソコソと進めていたのが、7月7日の朝日新聞の一面で報道され、寝耳に水であり大変驚いた。後で分かったことだが、杉山アジア局長も知らされていなかった。当然、石川中国課長はもっと蚊帳の外であり全く知らされていなかった。組織としての仕事のやり方を全くわきまえていない、ひどいものだったことに、驚きを通り越して強い危機感を感じた次第である。

(3)このような経緯の中で、8月の訪中に至るわけであるが、中国側と会談するにあたって、私の発言応答振りについて、外務省内で先ず石川中国課長と一言一句文言を詰め、それを局長、次官、そして玄葉外相等、全てキチンとした決裁を取ったうえで臨んだ。私は、そのラインを1センチたりとも外さず、中国側と会談した。このことは、外務省の公電による記録に残っている。
(4)昨年8月30日のフエイ副部長との会談は、当方から国有化について、詳細に述べ、先方から細部にわたって質問が有り、それに応えるプロセスが約5時間続いた。誠実に対応することを心がけ、そのことは先方にも伝わったと思うが、納得は得られなかった。当方の述べたことを、先方は聞きおいたという形だ。

(5)翌日、戴秉国国務委員は、島の話は昨日フエイ副部長と詳細に話したのだから、今日は一対一で深い哲学的な対話をしようと言われ、二人とも時の経つのも忘れて、日中関係の将来等々、熱く意見交換した。最後のほうで、戴秉国国務委員から、島について提案が有り、私から、持ち帰って検討すると応えた。

(6)帰国して、(公電による報告に加えて)玄葉外相、野田総理、藤村官房長官には直接自分からキチンと正確に報告した。

(7)その後、国有化の閣議決定が9月11日にあるかもしれないということが耳に入り、大いに驚き、我が耳を疑ったというのが正直なところだ。戴秉国国務委員からの提案について、たとえそれが受け入れられないものであるとしても、一応「回答」はせねばならない。しかし(私の必死の訴えもおよばず)結局「回答」がなされることはなかった。

(8)そして、9月11日の前日の月曜日(10日)となり、私は、官邸に野田総理を訪ね、「仮にも昨日、ウラジオストクで、立ち話とはいえ、総理は胡錦濤さんとやりあった、それを、明日、閣議決定はないのではないか。中国ともう少し話しを続けさせてほしい、(自分は)国有化に反対しているのではない、明日の閣議決定を先に延ばしてほしい、東京都としても年末までは手続き上購入できないのだから2,3ヶ月まだ有るではないか、と訴えたが応えられず、結局9月11日に閣議決定がなされてしまった。その後の展開はご存じの通りであり、極めて残念な経緯である。

(9)以上から、全く事実に反する「噂」として、私が戴秉国国務委員と会うために「再訪中」したとか、私が譲歩的なことを発言したとか、それ故に中国が勘違いして、国有化の閣議決定により驚いて不信感をもったとか、だから私に責任が有るとか、全てでっち上げのデタラメであることが、分かって頂けると思う。
全ての問題は、先ず、石原氏の購入に振り回されたこと(購入するか見極めればよいのに、購入すると勝手に決めつけて国有化に走ってしまった)、次に、コソコソと官邸の一部の人と外相とで国有化の計画を進め、外務省のアジア局長、中国課長すら外して、組織としての対応が全くできていなかったこと、更に、私が総理親書を携え正式な形で戴秉国国務委員と会談した際、同委員からの提案を外務省の公電で報告したにもかかわらず、全く無視する形で、しかも、9月9日に野田総理は胡錦濤国家主席と立ち話とはいえやり合った直後に、国有化の閣議決定を行ったこと等にある。


3.私の進言を入れてくれさえいれば、という気持ちは正直強く有る。おそらく起きなくてよかった不幸な展開である。
しかし、現実は目の前に有る。受け入れざるを得ないし、そこからしか何もスタートしない。

ここから日中関係を再度築きあげていくためには、40年前の日中国交正常化以前に一度戻り、そこから先人が苦労した以上の互いの信頼関係を積み上げていくことが求められる。それを思うと、失ったものはあまりにも大きいが、中国とのご縁が有る者の一人として、今後の日中の新たな絆つくりのために、魂レベルで関わり、粉骨砕身努力する決意である。
(了)

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  3. 3

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  4. 4

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  5. 5

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  6. 6

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  9. 9

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  10. 10

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。