記事

古田新太が語る、我が道を進む変わらぬ「生き方」

1/2
Rolling Stone Japan vol.16掲載/Coffee & Cigarettes 31|古田新太(Photo = Mitsuru Nishimura)

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japanの連載。古田新太と松坂桃李が実写映画初共演となる話題作『空白』。昨年から今年にかけて映画『一度死んでみた』『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』の出演はあったが、古田が今回主演を務めるのは7年ぶりとなる。我が道を進む古田の変わらぬ「生き方」とは?

Coffee & Cigarettes 31 | 古田新太

「7年ぶりの主役について? いや、何とも思ってないですね」

そう言うと、コワモテの目尻をクシャクシャにしながら「あははは!」と笑った。古田新太。劇団☆新感線の看板役者であり、『木更津キャッツアイ』シリーズや『土竜の唄 香港狂騒曲』など話題作にも数多く出演してきた映画俳優。ここ数年は、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」や「逃げるは恥だが役に立つ」など、TVドラマでも唯一無二の存在感を放つ彼が、『台風一家』以来7年ぶりの主演に抜擢された。その意気込みについて尋ねたところ、返ってきたのが冒頭の答えだ。

「主役だろうが、脇役だろうが関係ないというか。そういう部分での気負いも、『主役をやりたい』という気持ちもほとんどないんです。仕事があればいい……若干ギャラが高いのはうれしいですけどね。とにかく、いつでもどこでも監督が求めている役を演じ切るだけ。思いついたことはやってみますが、『ダメ』と言われたらすぐ引っ込めます」

『ヒメアノ~ル』や『愛しのアイリーン』などで知られる吉田恵輔が監督・脚本を手掛けた映画『空白』は、古田が演じる主人公・添田充の娘、花音(伊東蒼)の壮絶な「死」から始まる。中学生の花音はスーパーで店長の青柳直人(松坂桃李)に万引きを疑われ、追いかけられた末に車に轢かれてしまうのだ。それまで娘に無関心だった添田は、彼女の無実を証明しようと店長を激しく追及していくうち、次第に常軌を逸していく。

© 2021 『空白』製作委員会



「脚本を読んだときは『なんでオイラなんだろう?」と思いました。実生活ではフレンドリーなお父さんですから(笑)。添田さんは、きっとああ見えて真面目な人なんですよ。仕事もできる人だし信頼もされているのでしょう。だからこそ『俺は間違っていない』という考え方をしてしまう。奥さん(田畑智子)にも逃げられちゃうし、花音にも心を閉ざされてしまう。でもそういう人って多いんじゃないですか」

確かに、「こうあるべき」という理想が高ければ高い人ほど、現実とのギャップに心を引き裂かれてしまうのかも知れない。完璧主義で手を抜くことができないから、相手の至らないところも許せなくなってしまう。結局は自分で自分の首を絞めてしまうことになるのだろう。映画の中で添田は、「娘の何を知っていたの?」と前妻に問い詰められる。古田はどうだろう。「娘のことはちゃんと理解している」と言い切れるのだろうか。

「いや、何にも知らないです(笑)。子育てした覚えもないし、オイラ、娘を風呂に入れたこと1回しかないですから。その時にウンコされて、それから二度と入れてない(笑)。だから添田のこと、とやかくいう資格がオイラにはないんです。そもそも娘がどんな色のマニキュアをつけていたかなんて、世のお父さんが知るわけないと思ってます。ネイル詳しいお父さんもイヤじゃないですか(笑)」

とはいえお茶の間では、娘との仲睦まじいエピソードをよく話している古田。年頃の娘を持つ世のお父さんからすれば羨ましいばかりだが、何か秘訣でもあるのだろうか。

「どうだろう……。ハグだのキスだのしたことないからな(笑)。ただ、娘は反抗期もなかったし『パパ汚い』『あっち行って』みたいなことも言われた試しがない。いまだに一緒に飲んでて、家飲みにも付き合ってくれてます。添田さんのように真面目じゃないから、コケて血が出ていてもそのままテレビを見たりしてるので(笑)。それが日常のようになってるから、娘も奥さんも全然驚かないです」



威厳のある「父親らしさ」とは真逆の振る舞い。かっこ悪い姿を自ら進んでさらけ出しているのに、否、さらけ出しているからこそ、相手も安心して心を開くことができるのかも知れない。「この人になら、自分のかっこ悪いところを見せても大丈夫かも知れないな」と。映画の中で添田が、元妻の松本翔子(田畑)に「あなたは自分のことが、一番許せないんでしょう?」と言われるシーンが印象的だ。もし彼が「ダメな自分」を自ら許し、古田のようにさらけ出すことが出来れば、もっと生きやすい人生が送れたのかも知れない。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  3. 3

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  4. 4

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    泉田議員が“裏金告発”音声データを公開 星野新潟県議は反論「裏金じゃなく表の話」

    ABEMA TIMES

    12月04日 09:27

  7. 7

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  8. 8

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  9. 9

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  10. 10

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。