記事

芸能人ら“投票”呼びかける動画に反響も…再生数に現れた政治意識の低さ「教育にも政治を知る機会を」

1/2


 今月31日に投開票を迎える衆院選を前に、選挙への投票を呼びかける“ある映像”が反響を呼んでいる。タイトルは「VOICE PROJECT 投票はあなたの声 #わたしも投票します」。

【映像】「まず意思を示さないと」投票を呼びかける橋本環奈さん

 映像には、俳優・アーティストをはじめとした総勢14人の著名人たちが出演。小栗旬さんや菅田将暉さん、橋本環奈さんら有志によって集まった作品は今月16日にYouTubeで公開され、30日現在、約64万再生を記録している。





映像の制作者「日本の投票率の低さに対しアクションを起こしたかった」

 ネット上では彼らの投票を呼びかける姿に対して「発信力・影響力が有る人達が選挙について語ることは多くの若者達へ伝わる」「こういう立場の方々がこういう発言をすることをタブー視する世の中に疑問を感じてました。 勇気を出して動画を上げてくださって感謝します」などの声が寄せられている。

 政治への言及がタブー視され、時には批判を浴びることもある中で公開されたこの作品。映像の節々には出演者たちの“覚悟”が垣間見える。

 ニュース番組『ABEMAヒルズ』の取材に対し、映像の制作者は公開の背景について「日本の投票率の低さに対しアクションを起こしたかった」と話す。

「俳優の方やミュージシャンの方など、影響力のある方と一緒に映像で発信することが最も多くの人々に伝わるのではと考えました。このプロジェクトの広まりによって、より風通しの良い、暮らしやすい日本社会になる一助になればと願っています」

 この映像に、ニュース番組『ABEMAヒルズ』に出演した臨床心理士で明星大学心理学部准教授の藤井靖氏は、動画の印象に加えて、改めて若者の投票率の低さに言及。



「動画に関しては非常に豪華でオシャレだし、特にファンからすればカッコいい印象を受けるだろう。その意味でいえば、論理というよりは直感に訴えて感情を動かす力はあると思う。作り込まれているという部分では、YouTubeっぽい、よい意味でのライトさみたいなものはないが、著名人が政治について発信する第一歩と考えれば、とても意義のあることだと思う」

あわせて読みたい

「衆院選2021」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  7. 7

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  8. 8

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  9. 9

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  10. 10

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。