記事

山崎拓さんがおもしろい。旧世代の自民党への郷愁 自民党の劣化が著しい

 自民党の元大物山崎拓さんが立憲民主党の辻元清美さんの応援演説を行ったことが話題になっています。
 自民党大阪府連はご立腹だとか。除名を求めているそうですが、さてどうなるのでしょう。

山崎拓・元副総裁の除名求め大阪府連が上申書…大阪10区で立民候補の応援演説」(読売新聞2021年10月28日)

 もう引退した立場だからできるのでしょうが、こうしたことができるのもやっぱり今の自民党に問題があると考えているからではないでしょうか。
 先般、毎日新聞のインタビューでも小選挙区制が導入されたことによって自民党の議員が「狭い政治村のなかで小粒になった政治家」と評しています。

やっぱり小選挙区制と定数不均衡2倍の許容が一番の問題 自民党という保守政党に有利な制度


2021年10月17日撮影

 自民党議員でも魔の3回生などと揶揄されている議員たちがいますが、小選挙区制の元で水ぶくれした議席数に応じた議員候補を用意しなければならないことから、「オレがオレが」の人たちの巣窟となり、その結果、現れたのが魔の3回生です。「小粒」なのに態度だけはでかいのが特徴です。

 かつては金権腐敗の自民党でしたが、そうした時代の自民党さえ懐かしく思え手しまうのが今の劣化した自民党です。まだ建前としての常識はありましたが、今の自民党はそうした建前としての常識もなくなりました。自民党の劣化が著しい。

あわせて読みたい

「自民党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  4. 4

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  5. 5

    「女性天皇になるか主婦になるか」引き裂かれ続けた愛子さまの20年

    PRESIDENT Online

    12月05日 13:41

  6. 6

    愛子さま 学業の傍ら蚕飼育10年以上「日本の伝統」守る決意

    女性自身

    12月05日 13:50

  7. 7

    ゼロリスク、ゼロコロナ追求で失う重大な勝因

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    12月05日 12:07

  8. 8

    世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

    PRESIDENT Online

    12月05日 12:34

  9. 9

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

  10. 10

    海外から中国に移送される台湾人――犯罪人引渡し条約の政治利用とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    12月05日 17:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。