記事
  • ロイター
  • 2021年10月29日 15:05 (配信日時 10月29日 15:00)

中国、PM2.5濃度を前年比4%削減へ 主要都市で今冬


(見出しを一部修正しました)

[北京 29日 ロイター] - 中国生態環境省は29日、汚染対策に取り組んでいる主要都市で、有害な微小粒子状物質「PM2.5」の濃度を今冬に前年比で平均4%削減することを目指すと表明した。

スモッグが発生する日数も平均2日への削減を目指す。

同省は9月、2021─22年の冬季大気汚染対策キャンペーンの対象都市について、スモッグが発生しやすい北部の工業地域などを含め64に拡大する方針を示した。

同省当局者はブリーフィングで、スモッグ抑制には工場の全面閉鎖ではなく、「より洗練された手段」が用いられるだろうと語った。

中国の大気環境は14年に「汚染との戦い」を宣言して以降、着実に改善されている。

今年第1─第3・四半期には、全国339都市のPM2.5濃度が前年同期比6.7%減の1立方メートル当たり28マイクログラムとなった。中国は、年間の「暫定」基準値である35マイクログラムに合わせて、今年の全国平均を34.5マイクログラムに維持することを目指している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  2. 2

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    不明点が多いο(オミクロン)株に医師「いい情報と悪い情報が混在」

    中村ゆきつぐ

    11月29日 09:51

  10. 10

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。