記事

温室効果ガス“46%減”との公約 次期首相は継承か? 経済産業省の消極姿勢に不安

1/2
 前回(414号)は経産省の「エネルギー基本計画」を取り上げたが、今回はそれと密接に関連する環境省の「地球温暖化対策計画」を取り上げたい。政府はこの対策計画を9月3日に了承した。

2050年にカーボンニュートラル

46%減は2030年時点の中間目標

 5年ぶりの改訂である。この計画は首相官邸に設置された地球温暖化対策推進本部がまとめたもので、2030年に2013年と比べて温室効果ガスを46%削減するというもの。それに向けて産業部門や運輸部門、家庭部門がそれぞれ目標とすることを記している。



 この削減割合は、バイデン大統領が呼びかけてオンラインで行われた気候サミット(21年4月)で、菅首相が公約したものだ。さらにスピーチでは「50%の高みに向け挑戦を続けていきます」と宣言した。46%という数値は、2050年にカーボンニュートラル(二酸化炭素排出量を実質ゼロにすること)を達成するために、中間点での最低限の目標として出てきたもの。「2019年度の排出量は13年比14%減であり、現行計画が26%削減だから達成は困難」などいろいろな意見があるなか、それを押し切っての公約だった。現行の対策は各部門の無理のない対策を積み上げた結果だが、そもそもこれがゆるすぎで、カーボンニュートラルは達成できないとの強い批判がある。

 温暖化対策では大胆な政策を掲げた菅首相だが、次期総裁選には出馬しないとの突然の表明に、自民党内は混乱しているようだ(9月上旬現在)。それはともかく、次期首相はこの路線を継承できるのか。経済産業省の消極姿勢などを考えると不安がよぎる。

あわせて読みたい

「脱炭素」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  4. 4

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  9. 9

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。