記事

「過剰な節約」で時間という貴重な資産を失ってはいけない

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

いわゆる「年金2000万円問題」をきっかけに、日本人の間でもお金に対する関心が高まりました。更に、コロナ禍で在宅勤務が広がり、時間の余裕ができたせいか資産運用を始める人も増えています。

お金を増やす方法は「仕事で稼ぐ」「資産運用して増やす」「節約する」の3つしかありません。

仕事のスキルを高めて年収を上げたり、真っ当な資産運用を続けて資産を構築していくのは良いと思います。しかし、将来のお金の不安から節約する場合は、始める前に良く考えるべきだと思います。

必要の無いものを買ったり、レストランで食べきれない量の注文をするといったことは明らかに無駄であり、止めるべきです。しかし、やみくもにお金を使うことを避けて、手元に残るお金を増やそうとするのは賢明とは言えません。

例えば、自己投資の一環としてセミナーに参加したり、専門の学校に通ったりするのは、将来の収入アップになるかもしれません。金銭的なリターンには直接つながらないとしても、豊かな人間関係を構築できたり、自分の精神的な豊かさを高めるのに役立つ可能性もあるのです。

あるいは、外食に行くこともコストがかかり無駄なように見えます。しかし、そこでビジネスのきっかけを得ることになったり、構築された人間関係が将来かけがえのないものになる可能性もあります。直接会って、同じ時間を共有することによって、コストがかかったとしても、ネットでのやり取りでは得られない価値があるのです。

若い時に過剰な節約をして、資産を手元に残し、それを増やすことができれば、将来のお金の不安は消えるかもしれません。しかし、20代や30代でしかできない経験を得るチャンスを逃してしまいます。

無駄な支出を減らす節約は大切なことです。ただし、時間という取り返すことができない貴重な資産を失ってしまう過剰な節約は避けるべきです。

若いうちに経験しておくべきだったという後悔は、年齢を重ねてから気が付きます。しかし、その時にはもう手遅れなのです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年10月28日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「自己啓発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  3. 3

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  4. 4

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  5. 5

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  6. 6

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  7. 7

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  8. 8

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

  9. 9

    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

    BBCニュース

    12月01日 15:56

  10. 10

    立民・泉代表が役員人事案の骨格を発表 2日に両院議員総会で承認を得たいとの考え示す

    立憲民主党

    12月01日 17:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。