記事
  • ロイター
  • 2021年10月28日 12:41 (配信日時 10月28日 14:38)

フォーテスキュー、中国汚染対策が鉄鉱石価格に影響 出荷は最高に


[メルボルン 28日 ロイター] - 豪鉄鉱石大手フォーテスキュー・メタルズ・グループのエリザベス・ゲインズ最高経営責任者(CEO)は28日、来年初めの北京冬季五輪を控えた中国の汚染対策によって、鉄鉱石価格はボラティリティーの高い状況が続く可能性があるとの見方を示した。

メディア向け電話会見で「青空を確保しようとする中国の一般的な決意は誰もが認識している。これにより、高いボラティリティーが継続する可能性を予想する」と語った。

その上で、顧客から長期契約の変更を示唆する動きは見られていないとした。

鉄鉱石価格は5月に付けた過去最高値から50%近く下落している。

中国は前回の「青空政策」では大気汚染対策として鉄鋼生産を抑制している。

28日発表した第1・四半期(7─9月)期の鉄鉱石出荷は、前年比3%増の4560万トンとなり、過去最高を記録した。

RBCキャピタル・マーケッツの予想(4470万トン)を上回った。

1ウェットメトリックトン(WMT)当たりの直接コストは15.25ドルで、前四半期とほぼ同水準。前年同期からは20%増加した。

アナリストは、労働市場の逼迫を踏まえると、フォーテスキューはコストをうまく抑えていると指摘した。

競合のリオ・ティントとBHPは今月公表した生産報告で労働不足に言及している。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  2. 2

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    不明点が多いο(オミクロン)株に医師「いい情報と悪い情報が混在」

    中村ゆきつぐ

    11月29日 09:51

  10. 10

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。