記事
  • ロイター
  • 2021年10月27日 23:50 (配信日時 10月27日 23:48)

米GM、第3四半期は減収減益 半導体不足は来年終盤まで継続と予想


[デトロイト 27日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が27日発表した第3・四半期決算では、利益と売上高がそろって減少した。世界的な半導体不足が響き、ディーラーへの出荷台数が減少した。商品価格高やロジスティック関連費用の増加も重しとなった。

通年利益見通しは精彩を欠き、半導体不足の問題が2022年終盤まで続くと予想した。

調整後の1株利益は1.52ドルと、前年同期の2.83ドルから減少。しかし、アナリスト予想の0.96ドルは上回った。

売上高は前年同期の355億ドルから268億ドルに減少。純利益率も9%と、11.4%から低下した。

調整後の自動車事業のフリーキャッシュフローはマイナス44億ドル。前年同期はプラス99億ドルだった。生産されたものの、一部の半導体が欠如している車両の在庫の影響によるものという。

GMによると、フルサイズピックアップトラックやスポーツ多目的車(SUV)の価格を高く設定できたことや、電気自動車(EV)のリコールに関連し予想される20億ドルのコストの大半をサプライヤーの韓国LG電子がカバーするという合意によって、業績へのマイナスの影響は一部相殺された。

バーラ最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電話会議で、大型トラックとSUVは「非常に堅調だった」と強調した上で、「これら車両を十分に生産できる状況でない」と語った。半導体不足は来年も続くが、来年末に向けて改善するという見通しを示した。

CEOは株主に宛てた書簡で、通年の業績が115億─135億ドルとする営業利益のガイダンスの上限に近づく見通しとした。

決算を受け、GMの株価は約5%下落した。27日朝の段階で、GMの時価総額は833億ドルと、米テスラの1兆ドルを下回る。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  2. 2

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    不明点が多いο(オミクロン)株に医師「いい情報と悪い情報が混在」

    中村ゆきつぐ

    11月29日 09:51

  10. 10

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。