記事

【クローガー】、ミールキット買収から3年で1,100億円ビジネス!コロナにメニュー拡充?

クローガー傘下のラルフスで販売しているホームシェフ。下にある2枚の画像の違いから、ミールキットの成長を浮き彫りにしている?


■食品スーパー最大手チェーンのクローガーは25日、2018年に買収した食材セットのミールキットの年間売上が10億ドル(約1,100億円)に達したことを発表した。

コロナ禍により飲食店の休業が影響し多くの消費者が自炊を始めたことで、買収からわずか3年で4倍に達したのだ。

ミールキットは料理がすぐに調理できるよう、あらかじめレシピに合わせて必要な分量の食材や調味料のみがセットされたもの。

食材を洗ったり皮をむく手間もなく同封レシピに従って調理すれば20分程度で食事を楽しめる。

少しだけ手間をかけながらも時短で調理できるミールキットは、惣菜などの出来合いの食品より後ろめたさがないので忙しい主婦に人気になっている。

ミールキットは通常、オンライン販売によるサブスクリプション(購入定額プラン)の形をとっており、3食分(1食二人分)が入ったパッケージなど、まとめて宅配される。

 クローガーは2018年5月、当時業界3位だったホームシェフ(Home Chef)を2億ドルで買収。300万セットを宅配していたホームシェフの売上高は2.5億ドルだったのだ。

なおクローガーには2017年から自社開発で始めたミールキット「プレップ&ペアド(Prep + Pared)」をラルフスなど傘下のスーパー500店以上で販売していた。

買収直後からクローガーは傘下の食品スーパーでプレップ&ペアドからホームシェフ・ミールキットの販売に切り替えた。

クローガーが取り扱うホームシェフのメニューは週替わりの4種類。気に入ったメニューはホームシェフのサイトから注文できる。

また15分程度で調理可能なクイック・ミールキット「ホームシェフ・エクスプレス(Home Chef Express)」も店頭での販売を始めた。

さらに時短となる「5分間ランチ(Five-Minutes Lunches)」や容器ごとオーブンで温める「オーブン・レディ(Oven Ready)」など500種類以上のメニューに拡充している。

サブスクリプション販売に加え、食品スーパー2,200店での販売にネットスーパーによるカーブサイド・ピックアップや宅配サービスで10億ドルビジネスに成長したのだ。

特にネットスーパーによるミールキット販売は大きな成長を遂げている。

非常事態宣言後となる昨年6月、クローガーは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた第1四半期(3月〜5月期)決済を発表。

35州に2,700店以上の食品スーパーを展開するクローガーの第1四半期の既存店・売上高前年同期比は数千店を展開するスーパーとしては極めて異例となる19.0%の増加だった(ガソリン売上は除外)。

また自粛によりカーブサイド・ピックアップや宅配サービスなどネットスーパーの需要も急伸し、デジタル売上は92%の増加と異常といえる伸びを記録したのだ。

第2四半期(6月〜8月期)では既存店ベースが14.6%増となりEコマースは127%増と大幅な成長となった。

第3四半期(9月〜11月期)も既存店が10.9%増、ネットスーパーを含むデジタル売上は108%増だった。第4四半期(12月〜2月期)は既存店・売上高前年同期比が10.6%増でネットスーパーを含むEコマースは118%増加だ。

2021年第1四半期(3月〜5月期)では既存店が4.1%増となり、Eコマースも16%増と成長が鈍化した。

第2四半期(6月〜8月期)は既存店が0.6%の減少で、Eコマースは前年から13%の減少となったが、ネットスーパーにはまだ伸びしろがある。

 クローガーは先月14日、注文から最短30分で宅配するスピード宅配を開始することを発表した。

生鮮品などを注文から10〜15分で超速で宅配するスタートアップがニューヨーク等を中心に拡大しているが、大手食品スーパーも時短宅配のトレンドにのるのだ。

「クローガー・デリバリー・ナウ(Kroger Delivery NOW)」はオンデマンド買い物代行&宅配サービスのインスタカートと提携したサービス。ミールキットを含む生鮮品など2.5万アイテムを対象に、クローガーや傘下のスーパーなどからスピード宅配する。

その利便性から「バーチャル・コンビニエンスストア」とも呼んでいるスピード宅配はクローガーのホームページやインスタカートの「コンビニエンス・ハブ(Convenience Hub)を介して注文することになる。

主要都市に住む利用者なら1年365日、24時間対応で宅配されるという。

なおクローガーを介した注文手数料は明らかにされていないが、インスタカートのサブスクリプション「インスタカート・エクスプレス(Instacart Express)」会員なら10ドル以上の買い物で無料となっている。

 時短宅配にミールキットの時短調理と消費者の時間節約はまだまだ続きそうだ。




上の画像はコロナ前のホームシェフ、下がコロナ後のホームシェフの品揃えだ。週替りを含め「オーブン・レディ(Oven Ready)」など500種類以上のメニューを拡充していることで買いやすくなっていることが分かる。コロナ禍で自炊する人が増えたことで様々なメニューで対応したのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。割高なミールキットはコロナの影響で急成長したことは間違いありません。外食しようにも外出禁止令で外には出れないし飲食店はどこも休業。料理をしない人でも自炊を始めたのです。

レパートリーが全くない人でもミールキットなら様々なメニューを簡単に調理できます。料理をする人にとって大きな問題は献立です。献立のアイディアを考えるのも結構、面倒なのですね。ミールキットなら好きなものを注文すればいいし、クローガーに置かれているホームシェフは週替りで次々に新しい料理が並んでいます。献立で迷うことがない。時短メニューも用意されていることで、サッサと調理したい人にも受けます。

オーブンにそのまま容器ごとにぶち込んで温めるだけ料理もありますから、手間をかけたくない人でも手が出しやすいのです。ミールキットは以前のようにサブスクでまとめて購入する必要がない上にネットスーパーで最短1時間で届けてくれます。料理初心者からズボラな人、献立で悩みたくない人とコロナ禍で利用者を増やしました。

 コロナがなければ逆に急成長はしなかったはず。勝負は時の運といいますが、クローガーはいい買い物をしました。

あわせて読みたい

「自炊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  2. 2

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    不明点が多いο(オミクロン)株に医師「いい情報と悪い情報が混在」

    中村ゆきつぐ

    11月29日 09:51

  10. 10

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。