記事

【ファクトチェック】毎日新聞ツイート「Z世代の8割が投票したいと思っているとのデータがある」は“不正確”

1/2
[画像をブログで見る]

【まとめ】

・毎日新聞がZ世代の投票意向についてツイート。

・(SHIBUYA109 lab.の調査よれば)「Z世代の8割が投票したいと思っている」。

・しかし、調査対象の居住地は東京都で全国のZ世代を対象としたものではなく、誤解を招くタイトルであった。

毎日新聞社が10月17日に発信したツイートを検証する。

「選挙のたびに若者の低投票率が取り沙汰されますが、Z世代(1995年以降に生まれた世代)の8割が投票したいと思っているとのデータがあります。

Z世代の社会課題に対する問題意識はなぜ高いのでしょうか。」

▲Twitter/ 毎日新聞(@mainichi)10月17日の投稿

ツイートには、毎日新聞社のオンライン記事「8割が「投票したい」社会変えるZ世代 SNSで政治と日々つながりを」へのリンクが添付されている。記事は、「SHIBUYA109 lab.」の所長・長田麻衣氏へのインタビュー。「lab.」が行った「Z世代の政治に関する意識調査」を紹介する内容だ。

ツイートの要旨は、次のようである。

「『SHIBUYA109 lab.』の『Z世代の政治に関する意識調査』によれば、Z世代(1995年以降に生まれた世代)の8割が投票したいと思っており、Z世代の社会課題に対する問題意識は高い」

これが事実かどうか、検証する。

■ 「Z世代の政治に関する意識調査」

「SHIBUYA109 lab.」の調査によれば、Z世代(18~24歳)のアンケート回答者のうち、投票意向がある者は77.8%、政治に興味がない者は19.0%である。

[画像をブログで見る]

[画像をブログで見る]

確かに、回答者の約8割が「投票したい」と回答しており、社会課題に対して問題意識を示す者も約8割と高い水準を示している。

しかし注意すべきは、アンケート回答者の内訳である。「lab.」は、調査方法について次のように明記している。

「WEB調査

調査パネル:外部調査会社のアンケートパネルを使用

調査期間:2021年7月

居住地:東京都

性別:男女

年齢:18~24歳

対象:大学生・短大・専門学校生

回答者数:400名(男性200名/女性200名)

※回答率(%)は小数点第2位を四捨五入し、小数点第1位までを表示しているため、合計数値は必ずしも100%とはならない場合があります。」

回答者の条件は、居住地・在学の有無について、かなり偏りがある。この調査結果を全国的な傾向と見なすことができるかどうか、疑問が生じる。

■ 若年層の投票意欲:別の調査との比較

日本財団による「第41回18歳意識調査「テーマ:国政選挙」」では、2021年衆院選で「投票する」「多分投票する」との回答は全体の55.2%にとどまった。この意識調査の方法は次の通り。

「調査概要

調査対象:       2021年10月末日で18歳を迎える全国の17歳~19歳男女、916名

調査除外:下記の関係者は調査から除外

印刷業・出版業/マスコミ・メディア関連/情報提供サービス・調査業/広告業

実施期間:2021年8月12日(木)~8月16日(月)

調査手法:インターネット調査

次に、下野新聞社によるウェブアンケート「選挙 どうする?」を参照する。これによれば、2021年衆院選について「30代以下の若年層753人が回答」、このうち「必ず投票する」が41.6%、「投票する予定である」が27.5%。合計すると約7割が、投票に前向きであることが分かる。この調査の方法は次の通り。

形式:ウェブアンケート

期間:10月6~12日

回答者:合計753人。うち30代259人、20代283人、18、19歳104人、17歳以下107人

例示した2つの調査は、「SHIBUYA109 lab.」の調査とは対象者の年齢が異なる。そのため、これらを根拠に「lab.」の調査結果が全国的な傾向と異なると断定することはできない。しかし、調査対象の条件の違いが結果に大きな差を生むことが分かった。「lab.」のような調査対象が偏った調査を、直ちに全国的な傾向と見なすことはできない。

ちなみに、過去の国政選挙における年代別投票率を見てみると、平成29年(2017年)10月に行われた第48回衆議院議員総選挙では、10歳代が40.49%、20歳代が33.85%、30歳代が44.75%となっている。(全年代を通じた投票率は53.68%)

また、令和元年(2019年)7月に行われた第25回参議院議員通常選挙では、10歳代が32.28%、20歳代が30.96%、30歳代が38.78%となっている。(全年代を通じた投票率は48.80%)

(注:※年代別投票率は、全国から標準的な投票率を示している投票区を抽出し、調査したもの。※10歳代の投票率は、第24回参院選及び第48回衆院選では全数調査によるもの。 出典:総務省

これらの調査結果を見ると、残念ながら若年層全体としては、投票率はいずれの選挙でも他の年代と比べて、低い水準にとどまっており、この傾向が劇的に変わる要因も見当たらないのが現状だ。

衆議院議員総選挙における年代別投票率の推移 出典:総務省

▲図 参議院議通常選挙における年代別投票率の推移 出典:総務省

あわせて読みたい

「政治」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  5. 5

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  6. 6

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  7. 7

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  8. 8

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  9. 9

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  10. 10

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。