記事

「28年間に中高生114人が死亡」日本の学校柔道で悲惨な事故がなくならない根本原因

1/2

2004年、横浜市の中学3年生の男子生徒が、柔道部の練習中に意識不明の重体に陥った。顧問に何度も投げられ、絞め技をかけられたことが原因だった。男子生徒の母で「全国柔道事故被害者の会」前事務局長の小林恵子さんは「日本では中学校・高校の学校内における柔道事故で、28年間に114人も亡くなっている。一方、海外の強豪国ではゼロ。日本の柔道事故は異常に多い」という――。

※本稿は、土井香苗・杉山翔一・島沢優子編、セーフスポーツ・プロジェクト監修『スポーツの世界から暴力をなくす30の方法 もう暴言もパワハラもがまんしない!』(合同出版)の一部を再編集したものです。

2人の男の子が柔道の練習中※写真はイメージです - 写真=iStock.com/CasarsaGuru

柔道部顧問に何度も投げられ、意識不明になった息子

ベッドの上で、息子の身体は明らかに硬直していました。中枢神経の障害によって四肢の筋肉が収縮したサインである「除脳硬直」でした。意識障害の評価方法であるグラスゴー・コーマ・スケールは5点。15点中8点以下は生存困難と言われています。命が潰える寸前でした。

私は、人はこんなにも簡単に死んでしまうのかと唖然として息子を見ていました。「絶対にあの世から引きずり戻すんだ」と強烈に思いました。

2004年12月。その日はクリスマスイブでした。横浜の市立中学校の3年生で柔道部員だった三男は、練習中に意識不明の重体に陥りました。柔道部の顧問Aに何度も投げられ、首への絞め技を2度も掛けられました。その結果、急性硬膜下血腫、びまん性軸索損傷、脳挫傷、頸椎損傷が発症し、側頭部や喉の骨も折れていました。緊急手術で奇跡的に助かりましたが、高次脳機能障害という重い障害が残りました。

1カ月前、スポーツ推薦を断っていた

顧問Aは講道館杯全日本柔道体重別選手権大会で優勝した経験のある柔道家でした。その激しい暴力には、伏線がありました。

事件があった1カ月前、3つの高校からスポーツ推薦をもらった息子は「柔道で高校に行きたくない。自分が行きたい高校を受験したい」と言って、推薦入学を断りました。わが家は「自分が決めて進む。自分がしたいことをやる」という方針だったので、息子の意思を尊重しました。

息子は何か感じていたのでしょう。練習に出ずに逃げ回っていたようでしたが、顧問Aは下校時に校門で待ち伏せしていました。そして、練習と見せかけて息子に激しい暴力を振るったのです。

「死線を彷徨うような重傷を生徒に負わせたのだから、学校はきちんと調べてくれる」

そう私たちは信じていました。ところが、学校は私たち被害者家族に何も知らせないまま、1月4日に横浜市教育委員会に「事故報告書」を提出していました。報告書には「当該生徒の生命に別条はない」とありました。息子はまだ生死の境にあって、実際翌日5日に2回めとなる脳の大手術をしているのに。しかも、学校はこのような重大な学校事故は地元警察に通報する義務があるにもかかわらず、それさえもしていませんでした。

「救急車が来たことを話すな」副校長のかん口令

私は、8人ほどの柔道部員の自宅を訪ねて回りました。部員の女子生徒にも尋ねました。顧問Aの暴行現場に居合わせたことを確認していたからです。

「何でもいいから、見たことを教えてちょうだい」

私が必死で頭を下げると、彼女はこう答えました。

「私は何も聞いていないから、わからない」

私は「見たことを教えて」とお願いしたのに、なぜ「聞いていない」と答えたのか。それは息子のうめき声や、けいれんしている時の叫び声を聞いたことを否定しているのではないか……。

そう感じました。あとで、副校長が「救急車が来たことを話すな」と子どもたちに話していたことがわかりました。強いかん口令が敷かれていたのです。

「通学中に電信柱にでも頭をぶつけたのでは?」

その後、この事故による処分回避を希望する9000人以上の署名が集まり、教育委員会に提出されました。神奈川県のB道場などが発起人になり、全国の柔道指導者、道場の子どもの保護者や学生らに協力を要請したそうです。高校や大学、所属団体で先輩後輩の絆の強い柔道界で、全国覇者の顧問の存在は大きかったのでしょう。

私は、近所のスーパーで柔道部の保護者から「いつまでA先生を困らせるの?」と責められるようにな りました。うつ状態になり、夕方買い物に行こうとしても玄関でドアが開けられなくなりました。

学校や教育委員会に対し「なぜこのような事故が起きたのか?」と質問し、教育や柔道の専門家に調査分析を依頼してほしいと懇願しましたが、教育委員会からは「調査の結果、けがの理由になるものは何も見つからなかった」との回答でした。

 教育主事からは「息子さんは学校に行く途中に電信柱にでも頭をぶつけたのではないか」とも言われました。関係する大人たちすべてが息子の事故に真摯(しんし)に向き合わず「あいにくの事故」という対応に終始しました。当時はSNSもなく、一度もメディアで報道されることはありませんでした。

あわせて読みたい

「柔道」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  4. 4

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  5. 5

    「女性天皇になるか主婦になるか」引き裂かれ続けた愛子さまの20年

    PRESIDENT Online

    12月05日 13:41

  6. 6

    ゼロリスク、ゼロコロナ追求で失う重大な勝因

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    12月05日 12:07

  7. 7

    世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

    PRESIDENT Online

    12月05日 12:34

  8. 8

    海外から中国に移送される台湾人――犯罪人引渡し条約の政治利用とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    12月05日 17:55

  9. 9

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

  10. 10

    愛子さま 学業の傍ら蚕飼育10年以上「日本の伝統」守る決意

    女性自身

    12月05日 13:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。