記事
  • ロイター
  • 2021年10月26日 12:20 (配信日時 10月26日 17:20)

中国発改委、石炭価格の長期安定図る仕組み検討


[シンガポール 26日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(発改委)は26日、石炭価格を長期的に安定化する仕組みを検討していると発表した。

価格を合理的な範囲に維持する仕組みを編み出すため、石炭部門のコストと収益率を検証しているとした。また、「暴利を得ることを禁じる」対象に石炭部門を追加することを検討していると明らかにした。

新たな仕組みは、コストや妥当な利益率、市場の変化を踏まえた基準価格と変動レンジの組み合わせに基づくものになるとした。発改委はこの仕組みを「火力発電部門の市場化と関連付ける」とし、仕組みに厳密に従わない場合は厳しく処罰すると強調した。

中国の一般炭先物は、当局の介入示唆を受け、先週の過去最高値から下げているが、年初からはなお、約150%高となっている。

一般炭先物は7%安の1トン=1237元で26日の取引を終了。

中国政府は、500─570元が一般炭の長期契約の妥当なレンジだとの見解を示している。

中国は需要に対応するため、石炭の生産を拡大しているが、アナリストは、供給の拡大ペースは鈍いと指摘している。

シティのアナリストは25日遅くのリポートで「産業用電力の利用削減は現時点で進んでおらず、石炭供給の拡大ペースも鈍い」と指摘。「11月下旬から12月にかけて、全国で20─30%の電力供給制限が導入される可能性が大幅に高まっている。当社が予想する上流・下流部門全体の大規模な鉱工業生産の減少は、この時期に起きるはずだ」と述べた。

シティは、中国の1日当たりの石炭生産が、発改委の目標である1200万トンを12月まで下回るだろうと予測。「一般炭の輸入は当社の予想を若干上回っているが、中国の石炭・電力不足は続く」との見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  5. 5

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  6. 6

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  7. 7

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  8. 8

    年末ジャンボ宝くじで行列しても「夢は叶わない」

    内藤忍

    11月25日 11:46

  9. 9

    家族みんなで楽しめる音楽サブスク ファミリープランならLINE MUSICがおトク!

    BLOGOS編集部PR企画

    11月26日 18:00

  10. 10

    2022W杯カタール招致をめぐる情報戦――暗躍するスパイ企業とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    11月26日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。