記事

東京都の飲食店“認証”制度、「かえって信頼を失わせるような政策になってしまっているのが残念」



 きょうから飲食店の営業時間・酒類提供に関する制限を解除する東京都。

【映像】非認証店の対策だと高リスク?「心理的な冷え込み」も深刻

 要請を受け入れてきた飲食店にとっては去年11月以来、およそ11カ月ぶりの通常営業が可能となるが、隣接するの千葉、埼玉、神奈川が全面解除なのに対し、都は感染防止対策に関する独自の認証を受けていない“非認証”のの店については一部の制限を継続。

また、認証店であっても、5人以上の来店者に対しては独自開発したアプリ「東京ワクション」によるワクチン接種記録の提示を求めるなどの要請を行う。



 こうした対応について、感染症対策のコンサルタントとして港区など自治体へのアドバイスも行うなど、海外のコロナ対策や出口戦略にも詳しい看護師の堀成美氏は「展開のスピードが早い感染症なので、もたついていると整合性が取れなくなる。段階的な緩和にはあまりメリットがなく、むしろ混乱を招いてしまうのではないか」とコメント。

 また、都独自の「認証制度」に対しても、「もともと感染対策上はあまり意味がなかった。感染リスクはお店側というよりも人々の行動に紐付いているので、みんなが努力すれば、このようにお店を区別すれば済むはずだ。多くの人は飲食店のことを心配しているはずなのに、かえって信頼を失わせるような政策になってしまっているのが残念だ。

ワクチン接種率も上がり、統計上は新規感染者数も下がっているのに、まだやっているのか、という印象を与えると思うし、感染症対策をやっている身からすると、もう少し現実的な対策のほうが良いのではないかと思う」と話していた。(『ABEMA Prime』より)

【映像】非認証店の対策だと高リスク?「心理的な冷え込み」も深刻

【映像】完全解除後も"時短要請"チグハグな措置に飲食店は 緊急事態&まん防との違い

病床確保のための強い要請、なぜ政治はためらうのか 飲食店への対応との温度差に倉持麟太郎弁護士「票田への“プレッシャー”を恐れているのでは」

あわせて読みたい

「東京都」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    さて、立憲民主党は泉健太新代表の下で生まれ変わるかな?

    早川忠孝

    11月30日 15:54

  2. 2

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

  3. 3

    岸田首相の決心を高く評価します そして日本の今の状況で政府は何をすべきか

    中村ゆきつぐ

    11月30日 09:12

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    東京都内の衆議院議員が5名増える!次回の衆院選は「10増10減」決定へ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月30日 09:53

  6. 6

    岸田総理の鎖国は少子化対策を先送りにしてこうなったのと同じ世紀の愚策と断言する

    永江一石

    11月30日 17:33

  7. 7

    立憲民主党の新代表に泉健太氏を選出 決選投票で逢坂誠二氏を破る

    ABEMA TIMES

    11月30日 15:18

  8. 8

    40代のシングルマザーが離婚後に学習塾へ通い始めた理由とは

    工藤まおり

    11月30日 10:06

  9. 9

    オミクロンが放つ経済への影響

    ヒロ

    11月30日 12:40

  10. 10

    料理中にコンロの火が長袖の服に引火 「着衣着火」の危険を消費者庁などが呼びかけ

    BLOGOS しらべる部

    11月30日 14:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。