記事

世界もびっくり:日本で新型コロナウイルス感染者が激減

全国の新型コロナウイルスの感染者が激減している。

人出は増えている。なぜ減ったのか、専門家も十分に説明できていない。

まずは、ワクチン接種効果が否定できない。10月22日現在で、全人口に占めるワクチン接種者の割合は、1回目が76.1%、2回目が68.6%である。10月24日現在で、接種完了者の比率を国際比較すると、日本は、スペイン、カナダ、中国、イタリア、韓国に次いで第6位であり、フランス、イギリス、ドイツ、アメリカを追い抜いている。

 今後は、若い世代への接種を加速化させねばならない。それに、ワクチンの効果が継続するのが約6ヶ月であるので、優先的に早期接種した医療関係者などは3回目の接種を始める必要がある。そして、順次このブースター接種を進めていかねばならないが、1、2回目の接種のときのような混乱は避けねばならない。

 季節的要因で、ウイルスが昨年のような動きをすれば、年末年始に第6波が来る可能性がある。そこで、必要なのは病床の確保である。岸田首相は、今夏の感染力の2倍の流行になった場合でも対応できるように、医療体制の整備を行うことを約束した。

 また、コロナ病床用の補助金を受け取りながら、実際には稼働していない「幽霊病床」の「見える化」を進めることにも言及した。このような努力によって、病床の8割以上の稼働を目指すとしている。

 ワクチン接種者は、感染しても重症化しにくいが、感染者の症状によっても病床の逼迫度は異なってくる。入院できずに自宅に放置され命を失うという悲劇を二度と繰り返してはならない。

期待されるのは新薬の開発である。これまでも、アビガン、イベルメクチン、カモスタットなど別の病気の治療薬剤をコロナ治療用に使用して効果が上がったケースが多数報告されているが、厚労省は推奨していない。

 アメリカの製薬大手メルクは、新薬「モルヌピラビル」の治験を進めており、既にFDAに緊急使用許可を申請しているが、11月30日には承認される可能性がある。承認されれば、世界初の経口治療薬となるが、この薬は重症化を阻止する効果を持つという。岸田首相も年内実用化を目指す旨の発言をしている。

 日本の塩野義製薬やスイスのロッシュ、またファイザーも経口治療薬の開発を進めており、年内ないしは来年初めには承認されることが期待されている。

 これらの経口治療薬の開発は、ゲームチェンジャーとなるもので、自宅での治療を可能にし、病床不足の問題を軽減する。インフルエンザに罹るとタミフルやリレンザを処方してもらって自宅で静養していれば回復する。そうなれば、コロナを過度に恐れることなく、経済活動を再開できる。

 10月25日には、感染防止上の様々な規制が解除される。皆で感染防止に注意しながら、少しずつ日常生活を取り戻していきたいものだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  2. 2

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    不明点が多いο(オミクロン)株に医師「いい情報と悪い情報が混在」

    中村ゆきつぐ

    11月29日 09:51

  10. 10

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。