記事
  • WEDGE Infinity
  • 2021年10月24日 10:43 (配信日時 10月24日 06:00)

中国のTPP加盟申請 その背景とは - 大西康雄 (科学技術振興機構特任フェロー)

中国が9月16日に包括的かつ先進的環太平洋経済パートナーシップ(CPTPP)への加盟を正式に申請した。2020年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で習近平国家主席が加盟検討を表明していたが、このタイミングでの申請の背景は何なのか。

metamorworks / 1279307064 / DenPotisev / niphon / iStock / Getty Images Plus

中国の立場から見ると、第一に、準備態勢が整ってきたことがある。前身の環太平洋連携協定(TPP)への対応は13年から上海など4カ所の自由貿易試験区で規制緩和(業種、制度)が試行され、TPPレベルには至らないが、その後全国21カ所に拡大されている。

多国間の自由貿易協定(FTA)においても、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)調印(20年11月)、欧州連合(EU)と中国の包括的投資協定(CAI)基本合意(20年12月。政治的理由で批准手続き凍結中)を達成し、次なるステップに進む必要があった。

第二には、加盟交渉に有利なタイミングが到来したことである。米国がCPTPP復帰の動きを見せない一方、22年の議長国は、中国の加盟に歓迎の意を示してきたシンガポールであり、23年議長国のニュージーランドも中国とのFTAを21年に結び直すなど関係は良好だ。

第三には、バーゲニングパワー(交渉力)の高まりがある。中国経済の規模はTPP加盟国合計より大きく、新型コロナウイルス感染症の影響から脱している。大市場である中国に対する加盟国の拒絶感は確実に低下している。

加盟国の実際の反応はどうか。日本では、中国の申請に疑念表明する向きが多いが、東南アジア諸国連合(ASEAN)では、シンガポール以外にベトナム、マレーシアも歓迎の意を示している。日本は地政学的な懸念が先行した反応、ASEANは経済的実利を期待した反応といえる。

無論、加盟に向けたハードルは高い。中国には、国有企業優遇措置、知的財産権保護の不徹底、最近打ち出された電子データ移転制限措置などCPTPPルールに抵触する要素が多い。また、豪州は対中関係が悪化しており、カナダやメキシコは米国と締結した米国・メキシコ・カナダ協定が求める事実上の「非市場経済とのFTA締結禁止」に縛られる。これら諸国は中国の加盟を歓迎しないだろう。また、先に加盟申請している英国が加盟条件を満たすことは確実で、中国にとっての敷居は高くなる。

とはいえ、加入申請は受理されている。その後に台湾が加盟申請し、中国が反対を表明するなど事態は複雑化しており、日本は難しい舵取りを迫られることになりそうだ。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  2. 2

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  3. 3

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

  4. 4

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  5. 5

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  6. 6

    小川淳也はホントに立憲の小泉進次郎なのか

    田中龍作

    11月28日 10:17

  7. 7

    納税者感覚の徹底こそが維新 - 11月27日のツイート

    橋下徹

    11月28日 14:21

  8. 8

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  9. 9

    山内俊夫元参議院議を逮捕 関連会社の資金約1億円を横領の疑い

    ABEMA TIMES

    11月28日 17:18

  10. 10

    代表選、実施されず。維新・臨時党大会を終えて

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月28日 09:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。