記事

【ドローン宅配】、ダラス郊外のウォルグリーンで空輸開始!注文が殺到しフィーバーも?

1/2


■グーグルの親会社アルファベットの関連企業であるドローン開発のウイング(Wing)は20日、テキサス州ダラス郊外の住宅地でドローン宅配を開始することを発表した。

主要な大都市圏内でのドローンを使った空輸が初となり、家庭向けの商用宅配の拡大に大きな弾みがつきそうだ。

ドローン宅配を開始する地域はダラスから北に約30マイル(約50キロメートル)のところにあるフリスコ市とリトル・エルム地区。

フリスコ市はダラス・フォートワース都市圏で働く専門職階層のベッドタウンとして急成長し約20万人が住んでいる。

フリスコ市長によると市民からの最も多いクレームが交通渋滞と挙げている。ドローン宅配で渋滞による配達の遅延を解消し、一部に宅配トラックの減少にもつながると見ている。

フリスコ市から西に6マイル(約10キロメートル)にあるリトル・エルムも約5万人が住んでいる。

ウイングでは来週中にもリトル・エルムにあるウォルグリーン(2774 E. Eldorado Parkway, Little Elm TX 75068)でドローン宅配を始めるのだ。

ドローン宅配の対象地域はウォルグリーン・リトル・エルム店から4マイル(約6キロメートル)圏内の住民。

対象商品はウォルグリーンが店頭で取り扱っている約100品目で市販薬やスナック、食品などに新型コロナウイルス検査キットも含まれている。

ウイングではドローン宅配のスピードが決済からパッケージが届くまで10分以内としているのだ。

 ウイングのドローン宅配では6マイル(約9.6キロメートル)の範囲を往復可能としており、時速は最大70マイル(約112キロメートル)に達する。運搬可能重量は3.3ポンド(約1.5キログラム)まで。

ドローン宅配の利用はウイング専用アプリから注文することになる。

利用者から注文を受け取ると、近くのサービスセンターからドローンが離陸する。ウォルグリーンが指定したゾーンの上空23フィート(約7メートル)でホバリングしながら、ドローンが降ろしたケーブルに取っ手のついた注文品を入れる専用パッケージをスタッフが引っ掛けるのだ。

ドローンはケーブルを引き上げ、機体の下に注文品を収納する。その後は150フィート(45メートル)まで上昇し、時速65マイル(時速100キロメートル)で利用者宅まで届けるのだ。

利用者宅では、バックヤード(裏庭)もしくはフロントパスウェイ(玄関前の通路脇)の上空に留まりながら、ケーブルを地面まで降ろして注文品を届ける。

ドローン宅配では決済から注文品が届くまで最短で2分47秒という記録がある。コロナ禍で多くの店が影響をうける中、ドローン宅配であらたな機会も広がっている。

 アメリカ国内で最初に家庭向けのドローン宅配で成功したのが、バージニア州クリスチャンズバーグ地区。

ウイングが開発したドローンが2019年10月18日、約2.2万人の街でウォルグリーンから咳止め風邪パックを届けたのだ。これが全米で初のドローン宅配事例となったのだ。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  2. 2

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

  5. 5

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。