記事

やっぱり小選挙区制と定数不均衡2倍の許容が一番の問題 自民党という保守政党に有利な制度

小選挙区制が比較第一党に有利になっているのは周知の事実ですが、それだけではなく、構造的に自民党に有利な制度になっています。

 自民党は主には地方を地盤としていますが、定数不均衡が自民党の議席数を支えています。2倍を超えると定数の是正がなされることになっていますが、ここでの問題は要は2倍まで許容されてしまっていることです。

 地方で2人当選するところが都市部で1人しか当選しない、という仕組みが維持されているということです。

 極論すれば地方で自民党が2人当選して、都市部で野党が1人当選するということでこの定数不均衡だけで自民党が2倍の当選者を確保できることになります。

 もちろん実際の選挙はこんな単純ではありませんが、比例区での得票率からみれば、いびつなのは一目瞭然です。

 第48回衆議院選挙の場合を比例区の得票数で配分してみます。

 ここでは一定の得票数を得た政党のみで行っていますが、足きり条項をつけよ、という意味ではありません。単純化するためです。



 小選挙区のみをみると、公明党のように絞った候補者しか擁立していない政党や立憲民主党のように擁立できなかった政党の得票数は極めて少なく出てしまいますが、それでもかなり「得」をしていますし、与党の合計で見てもわかるとおり、はっきりと「得」になっていることがわかります。

 比例区でもブロック別していることから全国1区にした場合と比較すれば死票が出ます。そのために今のブロック制のもとでは比例区でも大政党に票が流れます。

 いずれにしても大政党、特に自民党だけが得をする構図です。

 これに加えて、地方の場合には人口流出になっていますから、票が固定化されます。

 そのため地方を基盤とする自民党に有利な制度になっています。

 これを克服するためには全国1区比例代表制しかありません。

 以前、小選挙区制の定数不均衡の是正は、都市部の意見を反映させるため、つまり地方への税金のバラマキをやめさせ、構造改革を推進するためのものという評価をしました。

一票の格差

 だからこそ比例代表制こそが優れています。これほどの平等な選挙はありません。

 毎日新聞の山崎拓氏の小選挙区制についての見解を読みました。

狭い政治村のなかで小粒になった政治家」(毎日新聞2021年10月21日)

 共感できる部分が多々あります。だったら何故、自民党は小選挙区制導入を党是としてきたのかということは問われますが、弊害の指摘はそのとおりです。

 小選挙区制よりは中選挙区制の方が何倍もよい。それは比較の対象でありません。

 あるべき制度は比例代表制です。

 しかし、まずは中選挙区制に戻すべきです。

小選挙区制が導入された理由は? 金権腐敗があったからではない 中選挙区制度に戻すのが筋

あわせて読みたい

「衆院選2021」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  3. 3

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  4. 4

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  5. 5

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  6. 6

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  7. 7

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  8. 8

    立民・泉代表が役員人事案の骨格を発表 2日に両院議員総会で承認を得たいとの考え示す

    立憲民主党

    12月01日 17:14

  9. 9

    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

    BBCニュース

    12月01日 15:56

  10. 10

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。