記事

日本の政治は「ロシアやイラン」並み…世界のメディアは総裁選・衆院選をどう報じているか

1/2

10月31日には衆議院選挙の投開票が行われる。海外のメディアでは、9月に行われた自民党の総裁選挙から衆議院選挙に至る日本の政治を、どのように報道しているのだろうか。ジャーナリストの大門小百合さんがリポートする――。

衆議院が解散し、拍手する岸田文雄首相=2021年10月14日、国会内 - 写真=AFP/時事通信フォト

「ミスター現状維持」「影響されやすい人」

「あるアナリストは彼をこう呼ぶ。『ミスター現状維持(Mr. Status Quo)』、もう一人のアナリストは、『変わりやすい(mutable)』、いや、『人に影響されやすい(malleable)人』とまで言う。3人目のアナリストは、『大きく失敗した経験がない人だ』という」

これは、9月末の岸田文雄首相誕生直後に書かれた、フィナンシャルタイムズの社説からの抜粋だ。もちろん、岸田首相のことだが、総裁選挙からこれまでを見ていると、この社説で表現された岸田像は、結構当たっているのではないだろうか。

10月31日には、いよいよ衆議院選挙が行われる。コロナ対策、経済政策、所得分配などが選挙の争点として上がっている。もちろん、それも大事。しかし、海外メディアの論調を見てみると、日本の政治構造の問題点について、あらためて気づかされることが多い。そこで、総裁選挙から現在にいたるまでの最近の日本の政治状況を、海外のメディアはどう報じていたかを紹介しながら、日本政治の根本的な問題について考えてみたい。

日本の政治は「ロシアやイラン」レベル

「『最初から結果が見えている選挙』というと、ロシアやイラン、香港などを思い浮かべる人が多いと思う。しかし、議会制民主主義を採用し、世界第3位の経済大国である日本では、1955年以来、4年間を除いてずっと同じ政党が政権を握っている」と報じたのは、ニューヨークタイムズ。“Why the Governing Party election is the main event in Japan(なぜ与党内の選挙が日本ではメインイベントになるのか)”というタイトルの記事の冒頭だ。

なんと、ロシアやイランと同列の扱いである。政権交代がなく、1つの党が何十年も政権の座に居続けるということが、いかに民主主義国家として、ほかの先進国から奇異に映っているか、日本人は気付いているだろうか。

自民党の「長寿の秘訣」

自民党は、GHQによるアメリカの占領が終わった3年後の1955年に誕生している。ニューヨークタイムズは、前述の記事で、自民党の設立の裏では、共産主義や左派の台頭を恐れたアメリカのCIAが、いくつかの保守勢力が一緒になるよう働きかけたと指摘している。

戦後の経済成長とともに飛躍した自民党の強さは、「They’re good at shape-shifting(形を変えることがうまい)」つまり、総裁選で見られたように、保守のタカ派的な人からハト派的な人までそろっていることが、自民党の長寿(longevity)の秘訣だと報じた。もし、有権者が1つのバージョンに飽きてしまったら、もう1つの方向に舵を切ればいい。過去には、自民党が野党の政策のアイデアをうまく採用してきたことも、力の源泉だという。

また、「何でもあるのが自民党なので、有権者は、特に野党を求めなくてもよくなっているという状況がある」という識者のコメントも紹介していた。もちろん、野党勢力が弱いことも、政権交代ができない理由の1つとして挙げていた。

日本の女性議員は「男女平等より党への忠誠」

もう1つ、海外のメディアが注目したのは、日本の政治における女性議員の立ち位置だ。

今回の自民党の総裁選では、初めて女性候補と男性候補が同数になったが、女性政治家が2人とも敗れたことは、特に驚くことではないとアメリカのAP通信は伝える。総裁選は、「自民党が年配の保守的な男性の重鎮に支えられており、女性が政治の世界で平等になるのはまだ先のことだということを明確に示した」という。

ワシントンポストも、「日本にはタリバンがいないのに、なんでこんなに女性活躍が遅れてきたのか不思議に思うくらい」という小池百合子東京都知事の発言を紹介しながら、2人の女性候補が、ただ負けただけでなく、勝利にほど遠かったことを伝えた。

前述のAPの記事は、日本の政治の中では女性は「超少数派(tiny minority)」であると指摘する。その中でも極端に女性議員が少ないのは自民党で、解散前の数字ではあるが、女性衆議院議員は9.8%にすぎず、他の党は15%から32%だと伝えている。

そして、「アナリストによると、多くの女性議員は男女平等を追求するよりも、党への忠誠心を示すことで上昇しようとする傾向がある」と指摘する。

これは、有権者の多くの女性たちがなんとなく感じていたことではないだろうか。そうしないと党の中で生き延びられないのではないかと。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Boomachine

あわせて読みたい

「岸田文雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  3. 3

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  4. 4

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    泉田議員が“裏金告発”音声データを公開 星野新潟県議は反論「裏金じゃなく表の話」

    ABEMA TIMES

    12月04日 09:27

  7. 7

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  8. 8

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  9. 9

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  10. 10

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。