記事

「自由と民主主義を何よりも大切にするのが共産主義の社会だ」日本共産党・吉良よし子常任幹部会員 各党に聞く衆院選(5)

2/2

■「共産主義の社会というのは、自由と民主主義を何よりも大切にする」



 今回は7割の選挙区で野党共闘を実現、候補を1本化している日本共産党。しかしスタジオからは、その政治思想に関する疑問も数多く出た。

 慶應義塾大学特任准教授でプロデューサーの若新雄純氏は「僕は田舎で校長をしていた熱烈な共産党支持者の父の下で育ち、大学院まで行かせてもらい、会社も作って、“勝ち組だ”と言っている。父親も、息子にはメチャクチャ競争を強いていたし、今も“お前が努力して勝ち取ったんだからいいじゃん”というスタンスだ。一方で、競争で勝ち続けなければならないと思い込んでしまった人は、そこから落ちてはいけないという不安がつきまとう。

 つまり競争が辛いのは負けた人だけはなく、勝ち続けることこそ人生の価値だと思い込んでいる人たちも同じではないか。最初におっしゃった、“弱肉強食でいいのか”という日本共産党のメッセージは分かりやすい。

しかし本当は、弱肉強食の社会の中で努力をしたから勝ち取ったんだと思い込んでいる、声がでかくて偉そうな“勝ち組”の強者と戦う対立構造に持っていくのではなく、そこにアプローチしていくことこそが必要なのではないか」と問題提起。



 吉良氏は「勝った人たちが悪いんだから潰れてしまえばいい、なんて考え方は一切ない。ただし儲けられずに困窮してしまった人、一度レールから外れただけで立ち直れないくらい貧困に陥ってしまう人が出るくらい、勝つか負けるかしかない社会になっている。つまりそのような状況を作ってしまう政治姿勢、勝ち組ばかりを優遇するような政治そのものを変えたいという立場であって、何度転んでも立ち上がることができるよう支えるシステムを作らなければならないし、そのためには余力がある勝った人たちにも幾分か協力してもらわないといけないというのがスタンスだ。もし“攻撃されている”と思われてしまっているのだとしたら、それは私たちが物の言い方を工夫しなければいけない」と応じた。



 テレビ朝日の平石直之アナウンサーは「若新さんがおっしゃることも分かる。例えば党の綱領の中にある“革命”という言葉に抵抗を持ってしまう人もいるかもしれない」「自民党幹部が、“自由民主主義か、共産主義が入ってくる政権のどちらを選ぶのか”という発言もしている」と重ねて質問。

 吉良氏は「社会を変えることを目指すという意味で“革命”であって、過激なことを無理やりやるつもりは一切ない。“民主主義革命の後に多数者革命”という言い方もしているように、国民の合意を得て、つまり選挙を通じて多数派になってこそ変革が実現できる。だから政権交代を目指し、それが実現したら、政権の中で合意できる範囲での変革、改革をしていくよ、ということだ」と回答。

 自民党幹部の発言についても、「私たち野党の政権交代に向けた政策合意の文章を全く見ていないなと思う。そこには憲法に基づいた政治を実現するとか、格差と貧困を是正する、ジェンダー平等、原発のない脱炭素社会、核兵器禁止条約の批准といった、具体的な項目を掲げているだけで、“共産主義”という言葉は一言も入っていない。

あくまでも、これらの6本柱・20項目の範囲内での政権協力なわけで、例え選挙で勝ったとしてもそれ以外のことを持ち込むわけがない。
 
 そもそも自分たちのことを“自由民主主義の思想”とおっしゃっているが、本当に自民党の政治は自由なのか、民主主義なのか。選択的夫婦別姓や同性婚すら認めない、つまり自由に生きる権利すら認めていないということは、自由を壊しているのではないか?と言いたい。国民の声を本当に聞かない、国会すら開かないということに関しても、それで民主主義の思想を持った政治を実現しているなどとは言って頂きたくない」と反論した。



 しかし夏野氏は「個々の政策については今の日本社会が抱える問題点を指摘しながら、具体的にこのようにしたいとおっしゃる。しかし綱領の文章などを読んでみると、“まずは社会主義革命ではなく民主主義革命である”とか、普段は使わないような言葉も出てくるし、時代がかっていて怖いなという感じがする」と指摘。

 「別に日本共産党さんのせいではないし、もちろん同じ共産党でも国ごとに全く違うわけだが、歴史的には世界のいわゆる社会主義国家や共産主義国家はそのほとんどが失敗してしまっているし、過去に共産党の支配の力が強かった国のこともある。そのような中、この日本で“日本共産党”と名乗ることは、実はブランディング戦略上、あまり良くないのではないか。

“共産主義を理想にする”と言ってしまった瞬間に、資本主義の歪みを直すどころか、コルホーズ、ソフホーズの世界にまで行ってしまうように聞こえてしまう。その理想を目指してソ連は失敗したし、中国は路線を修正した。だから日本共産党も、非常にリベラルな思想を追求している野党というよりは、少し怖い存在に映るのではないか」。



 吉良氏は「善意の方も含めて、名前を変えたらいかがですかという声を多数いただく。ただ、名前を変えた時にどうなるかといったら、“結局、元共産党ですよね”と言われるのがオチかなと思う。

例えば長時間労働、ブラック企業の問題を追及しているが、これは一企業の問題ではない。利益競争に負けないために人件費をどれだけ削れるか、どれだけ搾取できるかという、資本主義の歪みの中で出てきた問題だと思う。気候危機についてもそうだ。

 その意味で私たちは共産主義を理想の社会として掲げているのであって、決してソ連や中国を目指すということではない。私たちが目指している共産主義は、資本主義で利益ばかりを追求することによって出てきた問題を、人類の叡智を結集して乗り越える社会だ。

そして共産主義の社会というのは、自由と民主主義を何よりも大切にする社会だ。労働時間をぐっと減らすことで人間の自由な時間をもっと増やす。そしてみんなの能力をもっともっと使いながら、気候危機もないような、より良い社会を作っていこうということだ。そういう、長い、長い先の未来の共産主義ということで謳っている」と説明した。(『ABEMA Prime』より)

【映像】国民民主党・玉木代表

【映像】日本維新の会・吉村副代表

NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で・立花孝志党首

あわせて読みたい

「吉良よし子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「デルタ株とは違う」医療現場から嘆き 社会制限だけでなく適切な医療体制の構築急げ

    石戸 諭

    01月21日 14:30

  2. 2

    若者よ!やっぱり「FIRE」はやめなさい!

    内藤忍

    01月21日 12:24

  3. 3

    中国製EV導入で高まる日本人の生活丸裸の懸念 - 山崎文明 (情報安全保障研究所首席研究員)

    WEDGE Infinity

    01月21日 13:06

  4. 4

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  5. 5

    「数百円なのにおいしくて清潔」そんな食事が気楽にとれる先進国は日本だけという事実

    PRESIDENT Online

    01月21日 11:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。