記事

「自由と民主主義を何よりも大切にするのが共産主義の社会だ」日本共産党・吉良よし子常任幹部会員 各党に聞く衆院選(5)

1/2


 選挙戦が続く衆院選。『ABEMA Prime』では22日までの間、主要政党から代表者を招き、各党の政策やビジョンについて聞いており、20日には日本共産党の吉良よし子・常任幹部会員が生出演した。

【映像】吉良よし子議員に聞く

■「表現の自由と子どもの人権を守ることは両立しうる」



 この4年間の成果について、「憲法9条を守り抜くというのは実現できたし、野党ではあるが、少人数学級の実現、ブラック企業規制など、実現できたことがいくつかある」と話す吉良氏。今回の衆院選では“地球と若者の未来を守るために頑張る”として、「学費半額、最低賃金2500円。選択的夫婦別姓、ジェンダー平等、気候危機の打開」を訴える。

 「何より命。ブレずに貫くのが日本共産党という政党だ。コロナ禍では検査を抑制され、自宅療養を強要されて、助けられるはずの命も助けられなかった。補償もまともにない中、飲食店やライブハウスが限界に追い詰められている。弱肉強食、自己責任を押し付けている自民党・公明党の政治を変えるために頑張っているのは日本共産党だ。

私自身、コロナ禍でバイトもできず困窮している学生たちの“学費を下げて”という声を国会に届け、学生支援緊急給付金を実現させよう、若者のコロナ支援の予算を増やそうと頑張った。ブラック企業の規制、就活セクハラの相談窓口を作ることなどについても頑張った」。



 この日は、とりわけ「選択的夫婦別姓・同性婚、痴漢ゼロ、賃金の男女格差の是正」といった「ジェンダー平等」について訴えたいとした吉良氏。
 
 「選択的夫婦別姓・同性婚については野党で法案を出しているので、それを成立させればいいだけの話だ。痴漢ゼロについては、長い間の問題ではあったが、政治的に解決できる社会問題だとは思われていなかった節があると思う。しかし私たちがアンケートを取ったところ、初めて被害に遭ったのは18歳以下だったと答えた人が7割もいた。

つまり痴漢は子どもに対する性暴力の問題であって、政治の力で無くさなければならない課題だということがはっきりした。これに対して相談窓口を充実させたり、軽い犯罪ではないというメッセージを発信していたりすることで、痴漢ゼロを目指したい。

 そして男女の賃金格差は本当に大きい。生涯の平均賃金を比べると1億円もの差がある。女性の多くが非正規で働いている実態があって、それが賃金を引き下げている。“俺の方が稼いでいるだろう”というのがDV被害の温床にもなっているわけで、正規雇用に切り替えていくことも含めて是正していく。同一労働・同一賃金、最低賃金も時給1500円以上にアップさせ、男性も女性も働きやすい社会を目指す」。

 昨年は第2子を出産した。「検査と医療の強化と補償により、一刻もコロナ禍を収束に早く持っていき、祖父母にひ孫の顔を見せてあげたい」とも話す。

 「下の子はまだ0歳なので、この時間(21時からの生放送)に六本木のスタジオに来るのも非常に悩ましい決断だった。今はパパが頑張っているところだが、やはり出産や子育てがキャリアアップのマイナスにならない社会にしなければならない。

休んでいいんだ、早く帰っていいんだとそもそも長時間労働をやめて、男性も女性も8時間働いたら家に帰り、家庭の時間をきちんと持つんだということをルール化していけば解消されていくと思う。保育園の充実も含め、家庭任せ、個人任せにせず、みんなで子育てをする社会にしていきたい。



 こうした主張に対し、慶應義塾大学の夏野剛・特別招聘教授は「自民党と差別化する戦略もいいと思うが、資本主義を超えたところにあるという共産主義の理想の形というものを見てみたい。例えば、なぜ女性が産休・育休を取ると不利になるかといえば、それは終身雇用があるからだ。

しかし終身雇用を無くして、もっと自由にしようよとなれば、今度は雇用の安定が無くなることにもつながる。物事には表と裏の面があるわけで、それがバランスしていないということであれば、“こういうバランスのさせ方をしたい”と言っていただければ、新しい社会というものも見えてくるのではないか」とコメント。



 さらにタレントでソフトウェアエンジニアの池澤あやかからは「ここ数日、表現の自由と児童ポルノ規制に関する話題で日本共産党が炎上していたが、主張に矛盾はないのか」との質問が出た。



 吉良氏は「矛盾はない。ジェンダー政策の部分で言っているのは、子どもに対する性暴力は絶対許さないということだ。児童ポルノも子どもへの性暴力だから許されないということだ。ただし、児童ポルノという言葉を使った表現規制ということに対しては明確に否定している。表現の自由を守り抜くのは当然だし、児童ポルノを無くせば子どもへの性暴力も無くなるという話ではない。

どう解決していくかはクリエイターも含めて国民的に議論していくべきだ。具体的には、子どもたちや一般の人たちの目に触れないような場所に置くゾーニングというやり方もあると思うし、“こういう表現は本当にまずいよね”“儲からないよね”という合意ができれば、クリエイターの皆さんも作らなくなると思う」と答えた。

あわせて読みたい

「吉良よし子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  3. 3

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  4. 4

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  5. 5

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  6. 6

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  7. 7

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  8. 8

    立民・泉代表が役員人事案の骨格を発表 2日に両院議員総会で承認を得たいとの考え示す

    立憲民主党

    12月01日 17:14

  9. 9

    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

    BBCニュース

    12月01日 15:56

  10. 10

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。