記事

「相続で別人に豹変」コツコツ1億円貯めた人を待ち受ける"意外な落とし穴"

1/2

ファイナンシャルプランナーの藤川太さんは「資産が1億円以上あるような人は、お金持ち特有の事情で相続トラブルが泥沼化しやすい」といいます。特にコツコツとお金を貯めてきた場合に陥りがちな意外な落とし穴とは――。

遺言書 ※写真はイメージです - iStock.com/takasuu

遺産分割のもめごとは財産額に関係なく起きている

親の財産を巡ってそれまで仲のよかった兄弟が熾烈(しれつ)な争いを展開する――。そんな争族問題は遺産の額に関係なく発生します。それは裁判所の統計を見ても明らかです。

遺産分割でもめごとが発生して家庭裁判所で調停が成立した件数を遺産額別に見ると、1000万円超5000万円以下が最も多く全体の42.9%を占めます。2位の1000万円以下を加えると、77.6%となり、遺産分割でもめてしまった件数の約8割が5000万円以下です。

【図表1】分割でもめた遺産金額ランキング

なぜもめごとに発展してしまうのでしょうか。それは財産を残す親(被相続人)と受け取る子ども(相続人)の間に意識のずれがあるからです。

子どもたちは自分の財産配分が少ないと分かると「子どもたちの間では相続の権利は平等」だと言い始めます。確かに民法で定めた法定相続分では子どもの割合は平等になっています。たとえば、相続人が母親と子ども2人の場合、法定相続分は母親が2分の1、子どもはそれぞれ4分の1ずつです。

ただこれは、あくまでも民法で定められた配分割合であって、必ずしも平等に資産を配分する必要はありません。親が「老後の面倒を見てくれた長女に多めに資産を残したい」と遺言書を書けば、法定相続分ではない遺産分割も可能です。

親と子の決定的なすれ違い

そもそも多くの親は「平等に資産を残そう」とは考えていません。子どもが複数いれば、抱えている事情も異なります。たとえば、経済的に苦しい子どもがいれば、「多めに財産を残してあげたい、と考えるのが親心です。

親は、相続財産に差がついても仕方ないと考えていますが、不利になる子どもが「平等であるべき」と言い始めるためにもめごとに発展してしまうのです。

このように相続でもめごとが発生するかどうかに関して資産額は関係ないのですが、お金持ちの場合には資産額が大きいだけに、一度もめるとより深刻な事態に陥ってしまうことがあります。

相続でもめるかどうかは「子どもの経済的自立」が関係

相続でもめるかどうかは、子どもの経済的自立とも関係しています。子どもたちが稼ぐ能力を身に付けていれば、親の財産を当てにする必要はありません。お金持ちは教育費を惜しまず、金銭教育もする人が多いので、経済的に自立した子どもが育ちやすい環境にあります。

たとえば、親が遺産分割について経済的に自立している子どもたちに相談をしても「お父さんの好きなようにすればいいんじゃないかなあ」と、お金にガツガツしないケースが多くみられます。

つまり、相続でもめないための最低限の条件は、相続人である子どもたちがしっかりと仕事をしていて、お金に困っていないことです。ただ、それでも「絶対にもめごとが起きない」と言い切れないのが遺産分割の難しいところです。

それまで穏やかでもめごとを起こすように見えなかった人が相続の発生と同時に豹変(ひょうへん)して、トラブルになることもあります。結婚していれば子どもには配偶者もおり、そういった周辺の事情から豹変することもあるのです。

男女の言い争い ※写真はイメージです - iStock.com/takasuu

あわせて読みたい

「資産運用」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  2. 2

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

  5. 5

    濃厚接触者への制限で社会が止まる。大至急、コロナの特性と現状に見合った方針転換を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月25日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。