記事

背水の陣

毎日の社説「TPP交渉、参加を決断する時だ」で、「安倍首相は日米首脳会談で、『聖域』の余地が認められるかどうかの感触を探る意向だと言う。しかし、『聖域』を守るためにも早く参加し、交渉力を発揮すべきでないか。『アベノミクス』を掲げる首相の政治決断を期待したい」は正論である。

オバマ大統領は先日の一般教書演説で、『TPP交渉を完了する』と表明した。10月のAPEC首脳会議で、TPP協定に基本合意するとの強い意志を表明したのである。米国はじめ交渉に参加している11カ国の会合は、今後、3.5,9月の3回しかない。22日の日米首脳会談で安倍首相が「サプライズ決断」しても、米国議会の90日ルールがあるから、交渉のチャンスは、9月の1回しかない。

首相は、12日の衆院予算委員会で、TPP交渉参加について『聖域なき関税撤廃ではない』と私自身が確信を持てるかどうかがポイントだ」と発言したが、踏み込んだ発言である。それまでは「感触を探る」との発言であったからだ。首相自身の判断を強く押し出したからである。

首相がオバマ大統領との信頼関係を構築するには、「サプライズ決断」しかないのである。首相は,日米首脳会談では感触を探るだけにして、決断は3月にする意向、の説があるが、オバマ大統領は、即断即決を期待しているからである。

首相の指導力が問われている。安倍首相は。「サプライズ決断」をもって、退路を断ち、背水の陣を敷くべきである。(2月19日記)

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。