記事

代替肉はどこまで肉に近づける? 焼肉用代替肉「NEXTカルビ2.0」を試食してみた

1/2


気候危機への意識の高まりや健康志向などを背景に、植物由来の代替肉市場が世界的に活況を呈している。大豆などを原料とする代替肉は、そうと知らなかったら100%植物性だと気付かないほど、果たして本物の肉に近づけるのか――。日本発のフードテックベンチャーとして、主に焼肉用代替肉の開発に取り組むネクストミーツ(東京・新宿)が18日に発売した“NEXTカルビ2.0”のメディア先行試食会に当SBの記者が参加し、食感も見た目も大幅にバージョンアップしたという“焼肉”を味わってみた。(廣末智子)

昨年6月に創業し、世界で事業急展開



ネクストミーツは、ともに中国・深圳でのビジネス経験のある佐々木英之社長と白井良会長が2017年から代替肉の研究を始め、2020年6月に共同で創業。「地球を終わらせない」を企業理念に気候変動問題の解決に向け、国内はもとより、米国やシンガポール、ベトナム、台湾など10を超える国や地域で急速にフードテック事業を拡大。

今年1月には米国のOTC(店頭)市場に上場を果たし(10月現在の時価総額は約1700億円)、代替タンパクに世界の注目が集まる中、植物ベースの代替食品を扱う世界のVegTech企業21社に日本企業として唯一選定されるなど、評価を高めている。

その核となる商品が、大豆による植物タンパクを原料に「世界初の焼肉用フェイクミート」として開発した“NEXT焼肉”シリーズだ。焼肉チェーンとのコラボも話題を集め、累計販売数は1年で10万食を突破。カルビとハラミの2種類があり、「代替肉を食べたことがない人や、食べたことはあるが、物足りなかったという人」向けに、より肉に近い食感と見た目の改良に取り組んでいる。

あわせて読みたい

「代替肉」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  3. 3

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  4. 4

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  5. 5

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  6. 6

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  7. 7

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  8. 8

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

  9. 9

    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

    BBCニュース

    12月01日 15:56

  10. 10

    立民・泉代表が役員人事案の骨格を発表 2日に両院議員総会で承認を得たいとの考え示す

    立憲民主党

    12月01日 17:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。