記事
  • ロイター
  • 2021年10月19日 09:25 (配信日時 10月19日 09:24)

バークレイズがディズニー投資判断下げ、動画配信サービス成長鈍化


[18日 ロイター] - バークレイズのアナリスト、カナン・ベンケートシュワー氏は18日、米娯楽大手ウォルト・ディズニーの投資判断を「オーバーウエート」から「イコールウエート」に引き下げた。動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の成長が鈍化に転じたことが理由。ウォール街におけるディズニー株投資判断引き下げは珍しい。

チャペック最高経営責任者(CEO)が9月、ディズニープラスの減速を示唆していた。ディズニープラスの全世界の有料契約者増加幅は第3・四半期が5850万人だったが、第4・四半期は数百万人にとどまるとの見通しを示したからだ。

2019年に鳴り物入りでサービスを開始したディズニープラスは豊富なコンテンツが売りで、「スター・ウォーズ」や「アベンジャーズ」といった大人気のフランチャイズ作品を武器に新規契約者を取り込んできた。一方、ライバルのネットフリックスやアップルTV+(プラス)、アマゾン・プライム・ビデオは独自コンテンツに多額の投資をして契約者を引き寄せる方法で勝負している。

ベンケートシュワー氏は「(ディズニーは)1週間ごとに新コンテンツを投入することを目指しているようだが、全てのコンテンツが同じ価値ないし視聴率を持っているわけではない」と指摘した。またバークレイズは、ディズニープラスの新規契約者伸び悩みの原因が昨年に需要を先食いしていたとの説明だけでは不十分とも分析した。昨年は新型コロナウイルスのパンデミックに伴う巣ごもり生活が広がり、動画配信サービスの人気が高まった。

バークレイズによると、ディズニープラスが24年度末までに契約者数を2億3000万─2億6000万人にする目標を達成するには、契約者の伸びを現在の2倍以上にし、少なくともネットフリックスと並ぶ水準にしなければならないという。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  5. 5

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  6. 6

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  7. 7

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  8. 8

    年末ジャンボ宝くじで行列しても「夢は叶わない」

    内藤忍

    11月25日 11:46

  9. 9

    家族みんなで楽しめる音楽サブスク ファミリープランならLINE MUSICがおトク!

    BLOGOS編集部PR企画

    11月26日 18:00

  10. 10

    2022W杯カタール招致をめぐる情報戦――暗躍するスパイ企業とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    11月26日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。