記事

【ウォルマート】、固定翼ドローン宅配!最大化する顧客生涯価値でサブスク特典になる?

1/2
[画像をブログで見る]

■ウォルマートは今月中にも連邦航空局から認可を得て、ヘリコプター型とは異なる小型飛行機によるドローン宅配のテストを始める。

従来型の回転翼のドローンより悪天候に強く宅配時間も短くなるモーターグライダーを用いることで、新たなフライト宅配モデルを模索するのだ。

2014年創業のスタートアップのジップライン(Zipline)と提携したテストは主に医薬品のオンデマンド宅配を目的としたもの。

ウォルマート本社があるアーカンソー州ベントンビルから北東のピー・リッジ地区で実験は行われる。

ピー・リッジ都市計画担当官が今年1月、ウォルマート・ネイバーフッドマーケット・ピー・リッジ店(240 Slack St. Pea Ridge AR 72751)でのドローン用ハブ空港の建設を承認。

すでに店舗よりも高い25フィート(約7.5メートル)のハブ空港も出来上がり、発射台となるローンチパッドの設置も終わっているのだ。

ジップラインの宅配機は、大きな翼を固定したグライダーのような飛行機で機体上部にあるプロペラを動力源にする。

ジップラインのフライト宅配では飛行速度が時速80マイル(約128km)にも達する一方、運べる重量は4ポンド(約1.8kg)までとなっている。

翼が回転し続け一定の場に留まることができる回転翼ドローンと異なり、固定翼のジップライン・ドローン宅配では、空中で停止する「ホバリング」が不可となっている。

そのため、注文品はドローンの機体の底部のハッチが開いて、ペーパー製のパラシュートで投下される仕組みとなる。

ジップライン宅配機は滑走し離陸するだけの推進力をもたないため発射台となるローンチパッドが必要だ。したがって7メートル以上のハブの上にローンチパッドを設置する必要がある。

回転翼のドローンと違い、通常の建物より高いハブ(ドローン空港)建設をすることで市の都市計画局での承認が必要となっていたのだ。

モーターグライダーのフライトは上部にあるプロペラが回って推進。安全性を確保するため補助のプロペラも搭載している。

あわせて読みたい

「ドローン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  5. 5

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

  10. 10

    納税者感覚の徹底こそが維新 - 11月27日のツイート

    橋下徹

    11月28日 14:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。