記事

ガソリン価格高騰も「二重課税を言い始めるとキリがない」舛添氏が私見


 高騰を続けるガソリン価格が7年ぶりに1リットル162円を超えた。価格は6週続けて上昇しており、歯止めが掛かる様子は今のところ見られない。価格が高騰すると消費者からはガソリンの二重課税についての不満が聞かれるようになるが、二重課税の問題に言及した国際政治学者の舛添要一氏は「二重課税は二重課税だけど、それを言い始めるとキリがない」と私見を述べた。

【映像】舛添氏「二重課税を言い始めたらキリがない」

「コロナでみんな経済活動を止めてしまった。石油を生産する国は値段が落ちると損をするから(生産を)調整している。もう要らないだろうということで減らしたが、ワクチン接種が進んだ欧米などでは経済活動が再開され、一気に需要が増えて、需要と供給のバランスが取れなくなった」

 ガソリン価格が高騰する背景についてそのように話した舛添氏は「そんな長くは続かない。いずれにしても、世界の圧力で増やしていく。しかし、すぐにそうはならない」とも述べると、二重課税について次のように次のように続けた。

「昔は物品税があり、それぞれの物によって間接税が違っていた。その後、消費税が入ったことで全部一緒になったが、いくつかの物については、ガソリン税が別途ある。二重課税は二重課税だけど、それを言い始めるとキリがない面もある。あるものを生産した時、最終的に様々な税が上乗せされて商品にかかる。だから、大体は税金が半分だと思っていい」

 ガソリン価格の高騰は長くは続かないということだが、ガソリンが1リットル160円として、そのうちのガソリン税は53.8円(本体価格は88.9円)となる。そこに10%の消費税が上乗せされるとなると…消費者の怒りの声はしばらく静まりそうにない。(ABEMA『ABEMA的ニュースショー』)

あわせて読みたい

「ガソリン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  2. 2

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

  5. 5

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。