記事
  • ロイター
  • 2021年10月18日 11:55 (配信日時 10月18日 13:46)

中国の9月新築着工、6カ月連続の減少 規制強化で資金繰り悪化


[北京 18日 ロイター] - 中国国家統計局が18日発表したデータに基づきロイターが算出したところによると、9月の国内新築着工は6カ月連続で減少した。借り入れ規制強化により開発業者の資金繰りが悪化し、新規事業が控えられている。

ロイターの算出によると、9月の新築着工は前年比13.54%減少した。減少率が2桁を記録したのは3カ月連続。6カ月連続の減少は2015年3─8月以来最長となる。

2016年に当局が不動産購入・開発規制を緩和したことから不動産業界は上向き、多くの業者が多額の借り入れで住宅建設を進めた。

ただ、当局は今年に入り規制を強化、開発業者の手元資金状況は悪化している。投機目的の住宅購入に対する規制強化も需要を急速に冷え込ませている。

統計局データに基づきロイターが算出したところによると、9月の不動産販売(床面積ベース)は15.8%減少し、3カ月連続の減少となった。

9月の不動産投資は3.5%減少。中国国内で新型コロナの感染が拡大した昨年1─2月以来の減少となった。

不動産仲介のセンタラインの首席アナリスト、Zhang Dawei氏は「全てのデータが軟調だ」と述べ「資金調達は難しく、販売状況も厳しいため建設活動は低調だ。開発業者は販売と資金調達双方における障害に初めて直面している」と述べた。

1─9月の不動産投資は、前年同期比8.8%増加した。1─8月の10.9%増から伸びが鈍化した。

1─9月の国内不動産開発会社が調達した資金は前年比11.1%増加。1─8月は14.8%増だった。

中国恒大集団のような多額の負債を抱える不動産大手が破綻した場合、経済全体へのシステミックリスクになるとの懸念が高まっている。不動産部門は中国国内総生産(GDP)の約4分の1を占める。

中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は17日、中国恒大集団の債務問題が同業他社に波及し、広範なシステミックリスクにつながるのを回避するため当局は取り組むと表明した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  5. 5

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  6. 6

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  7. 7

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  8. 8

    年末ジャンボ宝くじで行列しても「夢は叶わない」

    内藤忍

    11月25日 11:46

  9. 9

    家族みんなで楽しめる音楽サブスク ファミリープランならLINE MUSICがおトク!

    BLOGOS編集部PR企画

    11月26日 18:00

  10. 10

    なぜ日本は苦しむのか? その1 他人事ではない東芝の行方

    ヒロ

    11月25日 11:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。