記事

眞子さまの皇籍離脱で公務の引き継ぎ 佳子さまの負担が激増か

眞子さまのご結婚が佳子さまの今後にどう影響?(時事通信フォト)

 小室圭氏と結婚する眞子内親王の皇籍離脱により、佳子内親王の「公務の負担」が一気に増える可能性が浮上しているという。

【写真】アイシャドウを付け額を出した、光沢たっぷりのドレス姿の佳子さま。眞子さまと並ぶ佳子さまも

「眞子さまが行なっていた公務は誰かが引き継ぐことになり、秋篠宮皇嗣殿下や内親王殿下などに振り分けられることになるでしょう。内親王は愛子さまと佳子さまだけですが、愛子さまはまだ大学生なので公務を控え、おのずと佳子さまへの引き継ぎが多くなるはずです。

 眞子さまは秋篠宮殿下から引き継がれたテニス協会名誉総裁のほか、日本工芸会の総裁を務めているので、まずはこちらを佳子さまが引き継ぐ可能性があります」(宮内庁担当記者)

 海外王室を見ても、「残されたプリンセス」には大きなプレッシャーがかかる。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子氏が語る。

「英王室は次男のヘンリー王子とメーガン夫人の離脱後、長男のウィリアム王子の夫人であるキャサリン妃が表舞台に立つことが増えました。トラブルメーカーであるメーガン夫人への批判の声は、キャサリン妃への期待へと変わり、次第に高まっていったのです。

 同様に佳子さまもこれまで以上に注目される分、大きな重圧にさらされるはずです。いつも一緒だった頼もしい姉宮がいない中で、様々な事柄の矢面に立ち、傷ついた秋篠宮家の評判を取り戻さないといけません」

一家の“かすがい”としての期待

 佳子内親王は今後、「秋篠宮一家」の中でも重要な役割を担うことになる。女性宮家が設立されれば、佳子内親王は皇室に残り、悠仁親王を支える重要な立場になる。60年以上の皇室取材歴を誇る皇室ジャーナリストの渡邉みどり氏はこう話す。

「秋篠宮家の次女としてだけでなく、“悠仁さまの姉上”として、その言葉は重大な意味を持つようになります」

 皇室ジャーナリスト・神田秀一氏もこう続ける。

「眞子さまが海外に行かれるとあって、秋篠宮ご夫妻はせめて佳子さまには悠仁さまのそばにいて支えてほしいと願っているはずです。

 また米国で生活する眞子さまとスムーズに連絡が取れない場合は、佳子さまを通じて近況を聞くこともあるかもしれない。姉妹は大変仲睦まじいことで知られていますからね。佳子さまには秋篠宮一家を繋ぐ“かすがい”としての役割が期待されるのです。いわば、秋篠宮家の今後を担うキーマンとも言えます。佳子さまにとって、それが負担にならなければ良いのですが……」

 敬愛する姉の結婚の裏で、佳子内親王の「試練の日々」が始まろうとしている。

※週刊ポスト2021年10月29日号

あわせて読みたい

「小室眞子」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  5. 5

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  6. 6

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  7. 7

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  8. 8

    年末ジャンボ宝くじで行列しても「夢は叶わない」

    内藤忍

    11月25日 11:46

  9. 9

    家族みんなで楽しめる音楽サブスク ファミリープランならLINE MUSICがおトク!

    BLOGOS編集部PR企画

    11月26日 18:00

  10. 10

    なぜ日本は苦しむのか? その1 他人事ではない東芝の行方

    ヒロ

    11月25日 11:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。