記事
  • SmartFLASH
  • 2021年10月17日 07:00 (配信日時 10月17日 07:00)

3時のヒロイン・ゆめっち、心の穴をふさぐため23歳で350万円の借金

 3時のヒロイン・ゆめっちが、10月15日公開の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(ABEMA)で、恋愛体質ゆえの悲惨な過去を語った。

 ゆめっちは失恋の痛手から「誰でもいいから癒して欲しい!」と「マッチングアプリ」「相席系居酒屋」「逆ナンパ」で誰彼かまわず出会いを求めていた時期があったという。

 逆ナンした男性から「オンラインカジノの投資で稼げるから乗らない?」と持ちかけられ、入会金20万円を払って損した経験もあった。

 さらにアメリカ人の「汚部屋じんましん男」、会った瞬間に走って逃げられた「霊感猛ダッシュ男」、血が出るほど乳首を噛まれた「乳首噛みちぎり男」との恋愛も経験。

 その後も、失恋から心の穴をふさぐために、酒、買い物、ギャンブルで寂しさを埋めるようになった。

 その頃、ゆめっちが唯一、相談していたのがEXITの兼近大樹で、「苦しくなってない?」と心配してくれたという。兼近のことを「本当にあいつはいい奴だなって思いました」と感謝していた。

 ゆめっちの壮絶エピソードにSNSではさまざまな意見が寄せられた。

《しくじりすぎだなゆめっち》

《ゆめっちがいま笑顔になれて本当によかった》

「同番組で、ゆめっちさんは、23歳で350万円の借金を抱え、『自分は誰にも必要とされていないという感覚に陥って、どんどん病んでいく。すべての感覚がおかしくなっていた』と振り返っていました。

 そんなどん底の状態から救ってくれたのが、3時のヒロインの福田麻貴さんで『一緒に組まへん?』と誘ってくれたそうです。

『本当の友達だから信じて』と励ましてくれ、『3時のヒロインで売れたい』という夢を持つようになったと話していました」(芸能ライター)

 恋愛にだけ依存するのではなく、夢を持つことでゆめっちは救われたのだ。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  7. 7

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  8. 8

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  9. 9

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  10. 10

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。