記事

衆院解散 総選挙へ

衆院は、昨日14日午後の本会議で解散され、政府はその後の臨時閣議で、衆院選日程を「19日公示 31日投開票」と決定しました。首相就任から10日後の衆院解散と、、解散から17日後の投開票は、いずれも戦後最短、ということです。

長期政権を目指す岸田首相は、就任直後の勢いを保ち勝利を引き寄せたい意向です。しかし、格差是正をめぐって、総裁選では金融所得への課税強化を訴えていたのに、代表質問では先送りする方針を表明するなど、「ブレた」と批判されています。

また、疑惑にきちんと答えていない甘利氏を幹事長にしたり、自民党の選挙公約が、安倍氏に配慮して政調会長とした高市氏のタカ派的なものになっていたりで、期待された宏池会、ハト派の岸田氏は、どこにいった、という感じです。

今回の総選挙は、まだ何も明らかに見えていない岸田政権の評価というより、続いてきた安倍政権・菅政権への、この4年間の評価だと思います。コロナ対策、経済政策、外交・安保、多様性を認めるか否か、特に、改ざん問題や政治とカネの問題など負の遺産への説明などが、争点になると思います。

「一強多弱」といわれ、なす術がなかった野党は、立憲・共産、社民・れいわ新選組が共闘体制を作り、多くの小選挙区で自公か野党かの選択ができるようにしたことは、評価したいと思います。それでも、以前はひとつの民主党はだった国民民主は、共産との間合いで合意せず、分裂したままです。

共闘した野党は、共産は課題ごとに閣外協力としていますが、自公は考え方が違う野合と攻撃しています。政権構想を明らかにして、選択肢をしっかり示してもらいたいものです。

それにしても、選挙前には、コロナの給付金合戦など、バラマキを与野党がそろって言っているのは、問題だと思います。有権者が、耳ざわりのよいことをいう党に投票しているかぎり、こうした現状は是正されないと思います。

国民が投票していない議員は存在しません。ひとりひとりが、自分の考えで、作りたい政治を実現してくれる候補、党に、貴重な一票を投じることでしか、政治は変えられません。

あわせて読みたい

「衆院選2021」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  2. 2

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  3. 3

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  4. 4

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  5. 5

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  6. 6

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

  7. 7

    文書通信費を巡る改革案 自民党の提案は維新方針と異なり合意ならず

    鈴木宗男

    12月04日 17:25

  8. 8

    西野亮廣「映画、ドラマ、音楽も…日本のエンタメが韓国に負け続ける根本理由」

    PRESIDENT Online

    12月04日 12:44

  9. 9

    「野党合同ヒアリング」は見直す?見直さない?

    大串博志

    12月04日 21:40

  10. 10

    イタリア人、シリコン製の「腕」使い新型コロナワクチンの接種を免れようと

    BBCニュース

    12月04日 15:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。