記事

給付金の金額より知りたいのは「給付の方法」

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

衆議院議員選挙を控え、各党の選挙公約が出そろいました。

日本経済新聞によれば、給付金、原発、選択的夫婦別姓が争点になるとしています(図表も同紙から)。

給付金に関しては支給金額こそ異なるものの、どの党も支給ありきで、それによってどのような経済的効果があるのかといった議論は見えてきません。

単なる選挙目的の人気取りで、給付をすれば支持が得られると政治家が考えているとすれば、国民は舐められていることになります。

給付金の原資は税金であり、最終的にはもらったお金を自分たちで用立てしなければならないからです。10万円もらって貯金しているだけなら、お金がグルグル回りしているだけで、配布にかかる手間とコストが無駄になるだけです。

実際、前回の現金10万円の給付の際は、平均貯蓄率が急上昇する結果になりました。受け取った思惑通りに消費には回らず、経済活動の活性化にはつながりませんでした。むしろ、交付手続きの際の自治体の現場の混乱、そして手続きにかかる莫大なコストというデメリットの方が大きかったと言えます。

今回議論すべきは、交付の金額や対象だけではなく、その方法です。前回の経験から現金で給付するのでは、目的を達成することができない事は明白ですから、別の方法を工夫しなければなりません。

例えば、ネット上で提案されているような、マイナポイントを使って期限を決めて電子的に支給する方法であれば、使わざるをえなくなります。

購入可能な対象を限定すれば、飲食店や観光施設に消費需要を回すように誘導することが可能です。

またマイナンバーカードの普及を一気に加速させる契機にできるメリットもあります。

岸田首相はこのような方法に前向きだと報じられていますが、各党も金額や給付対象だけではなく、どのような方法で給付金を分配するのか明確にして欲しいと思います。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年10月16日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  3. 3

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  4. 4

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    泉田議員が“裏金告発”音声データを公開 星野新潟県議は反論「裏金じゃなく表の話」

    ABEMA TIMES

    12月04日 09:27

  7. 7

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  8. 8

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  9. 9

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  10. 10

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。