記事
  • 女性自身
  • 2021年10月16日 09:47 (配信日時 10月16日 06:00)

アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

元「バイトAKB」の梅澤愛優香さん(24)で、現在は3つのラーメン店を経営する梅沢さんが告発したラーメン評論家によるマウントやセクハラ被害。とあるラーメン評論家から突如、下の名前で呼ばれ、身体だけの写真撮影を求めれるなどのセクハラを受けたことや、これまで様々な評論家からマウンティングされたとTwitterで明かしたのだ。

その結果、梅澤さん「ラーメン評論家の入店禁止」を決意。この告発後、SNSでは梅澤さん同様に男性からマウントやセクハラ被害を受けたことを告発する女性たちが相次いだ。それも仕事場に限った話ではなく、趣味の世界でも理不尽な目にあうという。

音楽が好きな女性・Aさん(38)はこう話す。

「ライブハウスにいる40代や50代の男性たちは『あのバンドが売れていない頃、生でライブを観た』『昔はもっと激しかった』なんて、若い女性相手に“うんちく垂れ流しマシーン化”しがちです。知らないバンドのことを、訊いてもいないのに延々語ることも。不愉快を通り越して、ちょっと怖いです」

■「興味がない子にとって、カメラ自慢は地獄」

コスプレイヤーとして活動する女性・Bさん(32)も“マウント被害”を教えてくれた。

「40代から50代後半ぐらいのカメラマンは撮影時や撮影後に、こちらが訊いてもいないことを勝手にペラペラ話してきますね。『有名なレイヤーさんを撮ったこともあるよ』とか言われても、私は『そうなんだ』としか思えないのに……。

あと『このレンズがいいんだよ』など、機材でマウントを取りたがる人がやたら多いんです。聞きながら『はよ終わらんかなー』って思っています(笑)。私だけでなく、周りの子もしょっちゅう経験しているそうです。私は撮ることも好きなので適当にスルーできますが、カメラに興味のない子は返信にも困るでしょうし、地獄だと思いますね」

またアートが好きなCさん(33)からは、こんなタレコミが。

「女性の絵描きさんの個展で、お客のおじさんが『僕はよく絵を観るんだ』『僕が絵を褒めることはあまりないよ』と上から目線で絵描きさんに話しているのを見かけたことがあります。明らかに初対面同士なのに、その男性はひたすら自分の話したいことをずっと話していました。それなのに30分くらいしたら、個展のグッズも買わないで帰ってしまいました」

■マウント失敗で激昂、奇襲をかけてくる男性も

なかには、マウンティングに失敗すると激昂する男性もいる様子。古代史を愛するDさん(38)はこう語る。

「古代史好きのなかには学術的に何の根拠もない“トンデモ本”を鵜呑みにして、ニセ知識をひけらかすオジサンが多いんです。博物館で働く友人は日常的に経験しているそうで、『ほんと迷惑!』ってたびたび愚痴っています。そういう男性は話が長い上に『それは一説であって定説ではありません』と伝えると、怒り出して余計に話が止まらなくなるそうです」

いっぽう何の共通点も持たない男性から「奇襲をかけられた」と話すのは、会社員の女性・Eさん(33)だ。

「大学時代、仲の良い同性の友達と社会問題をテーマに意見交換するのを楽しんでいました。あるとき、夜の公園で話し合っていると知らない中年男性が無理矢理話に入ってきました。それも『君たちはエライ』やら『君たちの言っていることは全然ダメだ』やら“上から目線”で。その割に、やたら頓珍漢なことばかり言っていました。

最初は『ちゃんと答えなきゃ』と思っていたのですが、段々相手にするのもバカみたいに思えてきて生返事するように。今でも『なんで私たちに話を聞いてもらえると思ったんだろう』と不思議です。『強面の男子学生にもしたのかな』なんて思います」

■プロレス会場で女性を物色…「何しにきたの?」

さらに前出のEさんは趣味の場で、セクハラという言葉では足りない危険な目にあったという。

「好きなバンドを通してある男性と仲良くなりました。ライブを観てご飯を食べて、ただそれだけ。ライブの日にしか会ったことがありません。

ですが、ある夜、ライブの後にホテルに連れ込まれそうになりました。強引だったので、すごく怖かったです。そもそも『好きです』って告白もなしで、肉体関係をもつことができると思われたのも不愉快でした。ライブに出かけることも躊躇するようになってしまい、楽しみがひとつ消えてしまいました」

プロレス観戦が趣味の女性・Fさん(43)も、憂いを明かす。

「プロレスは最近、女性のなかでも人気が高まっています。もともとプロレスは男臭い世界。そこで舞い上がったお客の男性たちが、『いいことあるかも』と会場の若い女性ファンを物色するようになったんです。年長組に入る私にすら、粘着的に話しかけてくる男性はいますからね……。『会場に何しにきたの?』って男性たちに対して思います。女性ファンが減らないことを祈るばかりです」

趣味の世界でも理不尽な男性たちに堪える女性たち。“上から目線な男たち”は彼女たちの告白に何を思うのか――。

あわせて読みたい

「セクハラ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  5. 5

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  6. 6

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  7. 7

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  8. 8

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  9. 9

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  10. 10

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。