記事
  • ロイター
  • 2021年10月15日 13:07 (配信日時 10月15日 13:01)

インドネシアのバリ島、海外旅行客受け入れ再開も客の姿見えず


[デンパサール(インドネシア) 14日 ロイター] - インドネシアの人気リゾート地バリ島が14日、1年半ぶりに海外旅行客の受け入れを再開した。しかし、テンパサール バリ(ヌグラライ)国際空港が観光客の到着に向けて準備を整えたにもかかわらず、14日時点で海外からの新たな旅行者はまるでどこにも見当たらない状態だ。

インドネシアは7月にアジア最大の新型コロナ感染流行のピークを迎えたが、それ以降は感染が急減。インドネシア政府は最近、バリ島再開を発表した。

しかし、現地の旅行代理店関係者は発表の「タイミングが突然過ぎた」と話す。「ビザ(査証)や便の準備には時間がかかる」という。

具体的な再開措置は部分的にしか明らかにされず、政府は13日遅くになってようやく、受け入れ可能な国として中国、インド、日本、韓国のほか、幾つかの欧州の国や湾岸地域の国など計19カ国を特定した。

バリ島への到着客にはコロナワクチン接種だけでなく、到着後の5日間の隔離を義務づけている。コロナ感染症になった場合の治療用に最大7万ドルの医療保険に入ることも義務化している。

同島のワヤン・コスター州知事は記者団に「(海外旅行客受け入れについての)規則類は公表されたばかりだ。こうしたことには時間がかかる。出発国も旅行者自身も準備の時間が必要だ」と述べた。一方で、遅くとも今月末までには到着便が来ると期待しているとし、それがチャーター便であれ通常の商業便であれ、バリ島の観光業の回復が始まる合図になるとの見方を示した。

ワヤン・コスター氏は、島のホテルに主に欧州方面から11月の予約が入り始めたとの報告を受けているとも述べた。

バリ島への海外旅行客はコロナ禍前の2019年に620万人だった。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  5. 5

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

  10. 10

    納税者感覚の徹底こそが維新 - 11月27日のツイート

    橋下徹

    11月28日 14:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。