記事

「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

1/2

TBSの新情報番組「THE TIME,」(月~金曜午前5時20分~8時)が10月1日から始まった。ライターの吉田潮さんは「月~木曜は人気アナの安住伸一郎、金曜は俳優の香川照之を司会に起用するという判断は、同時間帯の他局と比べてみると、戦略的に正解だったように思う」という——。

安住と香川の投入は戦略的に正しかったのか検証する

数カ月前から話題になっていた。TBSが朝の番組で大勝負に出る、と。

人気アナウンサーの安住紳一郎と俳優の香川照之を投入すると大々的に打ち上げたのだ。紆余曲折あっての禊をすませ、有吉弘行と結婚し、芸能界を引退した夏目三久の「あさチャン!」の後番組だという。

その名も「THE TIME,」。

TBSテレビのウェブサイトより

放送事故や舌禍を迅速かつ穏やかに回収することで呼び声の高い安住アナが朝の顔に……。

しかも、昆虫やボクシングについて豊富な知識と情報をしゃべり倒すことで有名な香川までもが朝の顔に……。

TBSの戦略は正しかったかどうか検証してみよう。

そもそも朝5時台から始まる情報番組(民放キー局)がどんな特性をもつのか、おさらいしておく。

日テレの「ZIP!」のスタジオには偽善しかない

まず日テレの「ZIP!」。今年の春から水卜麻美をメインに据え、10年の歴史と人気を維持。ファストフードやコンビニの新商品やインスタ映えスポットをこぞって紹介するあたり、他局よりも若年層狙いが明らかだ。

生中継のコーナーもわずかではあるが、存在する。系列局のアナウンサーが地元の情報をこぎれいにまとめて伝えるものの、往年の「ズームイン‼朝!」ほどの土着感と臨場感はない。

曜日パーソナリティーに新しく投入したのが、よりによってDAIGO。相変わらず紹介時に竹下登の写真が登場するのだが、「プレミアム社会科見学」と称して、子育て世代へのイクメンアピール企画を担当。皮のグローブを外して、グレーのスーツを着ていると普通におっさんなんだなと妙な安心感も。

なんつってもジャニーズ事務所まみれ、というか、King & Prince推しが甚だしい。キンプリファンは毎朝確実に楽しめる至福の番組。報道そっちのけの朝番組としては群を抜いて潔い。とにかくキンプリ、何が起きてもジャニーズ枠を最優先。

芸人や俳優を週替わりのパーソナリティーに呼び、エンタメ情報に時間を割く傾向も強い。

スタジオには偽善しかない。中身のないコメント、台本通りにうわっつらだけで対話するスタジオの空気は穏やかで、爽やかな早朝にふさわしい。

意外と報道魂が感じられる「めざましテレビ」

次に、フジテレビの「めざましテレビ」だ。キリのいい時刻に必ず星座占いで今日の運勢をやっているので、これをルーティンにしている人も少なくない。

月替わりプレゼンテーターとして若手俳優やアーティストを迎えているので、意外とコアなファン層がチェックしているかも。そう書くと、フジテレビらしいチャラい印象がするかもしれないが、意外と報道ベース。

時間が限られた朝番組で伝えるニュースは、たいてい大ネタがメイン。しかも5時台、6時台、7時台に同じモノを入れる。

他局が「岸田内閣」「ノーベル賞」「震度5強の地震」をメインに据え、小さなニュースを割愛する中で、めざましテレビには報道の魂が垣間見える。「大河俳優わいせつ罪」とか「高級ようかん窃盗の瞬間」とかね。横並びの大ネタよりも香ばしい小ネタも報じる姿勢、嫌いじゃない。

あとは交通機関の運休など重要な情報は、アナウンサーの顔そっちのけで、ドデカ文字で知らせるところもいい。他局は小さく流し込んだり、手書きもあった。フジテレビの印象からすると意外でしょ? でもひそかに優しい。

ジャニーズ事務所に魂を切り売りしたコーナーもあるが、ロケ敢行など汗かいて作っている。日テレほど盲従大安売りではない。

エンタメ多め・ネタも若めだが、ニュースの幅広さと三宅正治アナの重鎮感で相殺。以前はトップを走る人気番組だったが、ややくたびれた感も否めず。全国的に猫ブームの令和にあえて「きょうのわんこ」を貫くあたりは「継続は力なり」として評価したいところ。

「グッド!モーニング」が高齢者に人気なのにはワケがある

さて、年寄り(私)が大好きなテレ朝は「グッド!モーニング」は最も地味で話題になりにくいが、固定客が付いている限り盤石(固定客が生きているうちはな)。

熟年ベテランの坪井直樹&飯村真一アナ、そしてお天気は生中継で観光地紹介も兼務する依田司という安定感。この顔ぶれ、何十年も画面で観ている気がする。

他局よりもスポーツ、特にプロ野球へのこだわりは強い。日替わりで元アスリートのスポーツコメンテーターを呼んでいるのはここだけ。

往年の「やじうまワイド」的手法、つまり新聞各紙の見出しと記事を紹介するコーナーも短めだが健在(あれ、身を粉にし足を棒にして記者が書いた記事をしれっとテレビでかっさらう割に、新聞社へのペイが雀の涙と聞いたことがあり、阿漕やなと思った記憶が)。

ただし、掘り下げるネタは他局と比べて知的水準が高め。ノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎氏のニュースは、他局が周辺取材に重きを置く中、気候モデルを真面目に解説していたもんね。他局のように「どうせ解説してもわかんねーからスルー」とはしなかった。視聴者をナメていない証拠でもある。

テレビ朝日のウェブサイトより

また、ニュースも他局に比べてワールドワイド。フランスのカトリック教会での性的虐待や中国でのドローン大量落下など、他局が落とすネタもそれなりに拾う。

意外と強いのは、被害者目線のニュースネタ。主に監視カメラやドライブレコーダーの映像を基に、被害の状況を訴えるニュースが多め。店先の鉢植えを蹴り落されたとか煽り運転でひどい目に遭ったとか、個人的な訴えを真摯にすくう傾向も。ほら、年寄りは「義憤」が大好きだからね……。

エンタメは日テレとフジに比べれば弱め。キリのいい時間にはドラえもんとクレヨンしんちゃんに頼るものの、功を奏してない。

唯一、若い情報担当の新井恵理那アナのコーナー「新井恵理那のあら、いーな!」が奮闘。

つっても他局もやっている新商品紹介なのだが、注目したいのはテレ朝アナウンサーが駆り出されて小芝居をうつ点ね。商品紹介のために小芝居させられるアナウンサーたちの心の闇をおもんぱかる数分間。

あわせて読みたい

「TBS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  2. 2

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  3. 3

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

  4. 4

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  5. 5

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  6. 6

    支援者の方々の頑張りも大きかったが、県民党代表を自称する知事の奮闘ぶりに負けたというところかしら

    早川忠孝

    10月25日 15:53

  7. 7

    北京マラソン延期 中国で新型ウイルス感染が急増

    BBCニュース

    10月25日 15:36

  8. 8

    異例づくめの参院補選。静岡で与党・自民党が敗北の影響は波及必至か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月25日 09:27

  9. 9

    管理教育の強化、校則の厳格化は子どもの意見表明・政治参加を抑制する?研究結果から

    室橋 祐貴

    10月25日 13:40

  10. 10

    東京都で新たに17人の感染確認 重症者は20人 ともに今年最少

    ABEMA TIMES

    10月25日 17:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。