記事
  • ロイター
  • 2021年10月15日 08:20 (配信日時 10月15日 08:13)

FRB、インフレ巡り見解分かれる 緩和縮小開始では一致


[14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)当局者は、米労働市場は回復が進み、来月にも量的緩和の縮小(テーパリング)を開始できるとの認識で一致している。ただ、インフレに関しては見解が分かれている。

セントルイス地区連銀のブラード総裁は14日のオンライン会合で、インフレへの懸念を示し、「今後6カ月で自然に緩和する可能性はあるが、それを期待できるほど揺るぎないものではない」と述べた。

FRBが13日に公表した9月21─22日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、11月の次回会合でテーパリング着手が決定されれば、11月半ば、もしくは12月半ばに縮小を開始できるとの認識が示された。完了時期については「景気回復がおおむね順調なら、来年半ばあたりに完了させることが適切となる」との見解が示された。

一方、ブラード総裁は、インフレが高止まりした場合に来年春にも利上げができるよう来年第1・四半期にデーパリングを完了させることが好ましいとしている。

FRBのボウマン理事も13日の講演でインフレへの警戒感を示し、金融緩和策が物価を押し上げ、資産バブルを引き起こす恐れがあるとの懸念を示した。来月にもテーパリングを開始する案を支持するとしている。

FRB内でもハト派として知られるサンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁は14日、CNNインターナショナルのインタビューに対し、現在見られているインフレ高進は新型コロナウイルス感染拡大に関連する供給網の制約に起因しており、感染の収束とともに収まると指摘した。

また、リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は14日、インフレが高止まりするか確実に収束するかはまだ確信していないと述べた。さらに、賃金を押し上げ物価上昇につながる可能性のある労働市場の逼迫は人々の職場復帰が進めば緩和されるかは不明だとし、労働市場を離れている約500万人についても、その多くが恒久的に離職したかどうかを見極めることはできないと述べた。

総裁は、インフレが一時的なものかどうかを「宣言する必要性を感じている人間ではない」という。ただ、FRBはテーパリングの過程でそれを見極める時間を確保することができるとの見方も示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜこれぐらいの感染者数ならクラスター対策で対応できますと言えないんだろう

    中村ゆきつぐ

    10月22日 09:34

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    小室圭さんの論文がニューヨーク州弁護士会のコンペで1位に 結婚の日に表彰へ

    ABEMA TIMES

    10月22日 11:15

  4. 4

    背任容疑で理事逮捕 日本大学に90億円の補助金を受け取る資格はあるか

    毒蝮三太夫

    10月22日 09:01

  5. 5

    会社の忘年会復活にウンザリする声 「誰が望んでる」「社長がノリノリらしい」

    キャリコネニュース

    10月22日 10:00

  6. 6

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  7. 7

    京都大学、Pythonの基本を解説した無料の教科書が「素晴らしすぎる」と好評

    Ledge.ai

    10月21日 14:13

  8. 8

    ペットボトルの文化史 ~身近すぎて気づかない、イノベーションの結晶~

    速水健朗

    10月22日 11:15

  9. 9

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  10. 10

    「週刊女性」のゲノム編集食品に関する記事を検証し「フェイクニュース」と断定

    山崎 毅(食の安全と安心)

    10月22日 14:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。