記事
  • ロイター
  • 2021年10月15日 05:25 (配信日時 10月15日 05:20)

各国中銀は物価動向注視を、一過性の物価圧力は看過可能=IMFC


[ワシントン/ブリュッセル 14日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)の国際通貨金融委員会(IMFC)は14日、世界各国の政策当局者に対し、物価動向を注意深く監視する一方、インフレ圧力は一過性であり、経済正常化とともに薄れていくため「看過する」よう求めた。

最終コミュニケで、各国政府はパンデミック(世界的大流行)の変化に合わせ国内政策を「慎重に調整」すべきと指摘。「引き続き医療費を優先し、最も脆弱な人々を保護する一方で、必要に応じて危機への対応から成長促進や財政の長期的な持続可能性の維持に焦点をシフトしていく」とした。

また「各国中銀は物価動向を注意深く監視しており、一過性のインフレ圧力を看過することができる。インフレ期待のデアンカリングに関するリスクが具体化すれば、適切に行動するだろう」とした。

草案では、中銀に対し「物価の安定を維持するための断固とした措置」を用意するよう求めていたが、最終コミュニケではトーンダウンした格好だ。

IMFCの委員長を務めるスウェーデンのアンデション財務相は記者会見で「世界的なバリューチェーンを現在よりもうまく機能させることが重要だ」とし、一部の商品の世界的な不足を緩和するために一段と取り組みが求められると強調。また、エネルギー価格の高騰は気候変動対策に向けたクリーンエネルギーへの移行を遅らせる理由にはならないとした。

IMFCは、国境を超えた負の波及効果に歯止めをかけるために政策当局者による明確なコミュニケーションを求めたほか、金融面の脆弱性を抑制するためにマクロプルーデンス政策を活用するよう要請。

声明では、富裕国と貧困国の間で経済の回復やワクチンへのアクセスを巡る格差が広がっており、回復リスクが下向きに傾いているとした。

また、構造改革を実施している国や財政収支の安定性維持に取り組んでいる国などに6500億ドルの特別引出権(SDR)を融通する手段としてIMFが「強靭性・持続可能性トラスト(RST)」を新設する案を歓迎するとした。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    LINE問題で最終報告、経営陣対応「不適切」 情報漏えい認めず

    ロイター

    10月18日 22:38

  3. 3

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  4. 4

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  5. 5

    マイケル・サンデル『実力も運のうち 能力主義は正義か?』

    紙屋高雪

    10月18日 17:02

  6. 6

    中学入試で起きた首都圏の「御三家離れ」は解消か 武蔵、女子学院など根強い人気

    NEWSポストセブン

    10月18日 15:16

  7. 7

    野党共闘の弊害 無敵の維新から票奪えるはずだった選挙区で「れいわ」降ろす

    田中龍作

    10月18日 13:47

  8. 8

    小泉進次郎氏の「万歳三唱批判」に自民党関係者は「またか」の声

    NEWSポストセブン

    10月19日 09:18

  9. 9

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  10. 10

    小室圭さん、かつての勤務先を訪問 近況や結婚の報告か

    ABEMA TIMES

    10月18日 14:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。