記事

「会社は終わった」論にひとこと、もの申す

「フリー・エージェント」や「ノマド」と、「会社」という組織。「あちらを立てればこちらが立たず・・・」というものでもない。「個」が活躍できる時代だからこそ、今こそ、組織の存在意義が見直されるべき時。

『モチベーション3.0』の著者として知られるアメリカのジャーナリスト、ダニエル・ピンクは、1997年の大晦日に『フリー・エージェント・ネイション』と題する記事を米ビジネス誌に寄稿しています。(注:のちに同名の本が出版された。)

特定の組織に所属せずに働く人を、ピンクは、「フリー・エージェント」と定義し、「アメリカ合衆国には1,400万の自営業者と830万のフリーランサー、230万の派遣労働者、占めて約2,500万の『フリー・エージェント』が存在し、これはアメリカの就労人口の16%にあたる」と述べました。記事の中で、ピンクは、今後はこのような「所属」に囚われない働き方が主流になっていくだろうと予言しましたが、それから15年が経過した今日、恐らくこの数値はもっと大きいものになっていると思います。

昨今では、「フリー・エージェント」に代わり、特に日本では「ノマド・ワーカー」という言葉が取り沙汰されています。「ノマド」は「nomad(遊牧民)」。オリジナルには、「会社、自宅に関わらず、『オフィス』という物理的な場所に囚われず仕事をする人」という意味らしいですから、自営業であるか勤め人であるかという「所属」は関係ありません。アメリカでも、会社に勤めてはいるが自宅勤務する人やスタバのようなカフェなど公共の場で働く人が増えていて、これらは「テレワーカー」「リモートワーカー」などと呼ばれています。

「ノマド」はもともとは、「ワークスタイル」を表現する言葉であるようですが、最近では、これが転じて「生き方」や「哲学」などを表現する言葉として用いられているようです。一部では、「ノマド」が「組織に縛られない働き方=新しい時代の生き方」として礼賛され、そこからさらに飛躍して、「『会社』で働くこと自体が時代遅れだ」などという意味のことを唱えている人まで出てきています。

「フリーランス」というのは昔からあった働き方ですし、秀でた才能や特殊な技能をもつ人が自ら看板を立て、自らのルールで働くというのはそれなりに正当な生き方だと思います。

しかし、これらのワーク(ライフ)スタイルが、「組織に属さない」ことに強調をおいて論じられるたびに、私としては大きな違和感と抵抗を感じます。そもそも、「フリーエージェント」や「ノマドワーカー」というワーク(ライフ)スタイルが実行可能になったのは、ネットを主とした新しいコミュニケーション媒体の普及のおかげで個人が自分の能力や考え方を広く世の中に発信し、それに共感したり、価値を見出してくれる組織を見つけることができるようになったからです。

組織やグループやチームが重要でなくなったわけではないのです。本来、「組織」とは、複数の人たちが集まり、「共通の目標」を達成するためにつくられたメカニズムやシステムです。むしろ、今日では、「組織」の重要性がますます高まってきているように私には思えます。

優れた組織は、個人の力を強調・補足して数十倍、数百倍にも拡張しつつ、統括の仕組みを通して複数の人を束ねることによって、個人では到底成し遂げられない大きな夢や目標を実現します。それが組織の強みなのです。資本力でも経営トップのカリスマでもなく、長い歴史に依存したブランド力でもない。真の「組織力」を武器にした未来企業が無数に創出されるべき時代が来ていると私は思います。

もっとも、人が集まっているというだけで、「共通の目標」や「価値観」というものが見失われて形骸化してしまっている組織も多いのかもしれません。組織としての意義を見出せない集団には価値がないと言っても言いすぎではないと思います。「会社は終わった」論を唱える人たちは、これまでの就労生活を通して、「組織」の中で苦い経験をしてきた人たちなのでしょう。しかし、自ら看板を掲げてやっていこうという気概も才能もある人たちが、このように簡単に会社というものに見切りをつけてしまうのはとても残念なことです。

人と人とがつながり、価値を生み出すことが容易になった「ソーシャルの時代」に、組織の在り方を各自が真剣に考え直すべき時が来ていると思います。会社やグループ、チームといった組織の存在意義や中核となる価値観を再定義して、それらに則って組織を運営するとはどういうことかを今いちど考えてみるべきだと思います。

そしてこれは、会社の経営者だけに課された命題ではありません。会社で働くすべての人が、「自分というものの存在意義」、「自分の価値観」、「働くとはどういうことか」を自らに問うてみることが必要と思います。

「今までまかり通ってきた会社のあり方が終わっている」というのであれば、新しい時代にふさわしい組織づくりに身を投じてみたらどうでしょう。個の力を集結した「会社」という組織には、会社の中で働く人や顧客をはじめとして、より多くの人を幸せにできる力があると思うのです。個々の人が自らの能力を最大限に発揮し、その功績に対して感情的に報われ、満たされる組織、そんな組織づくりを目指す人がひとりでも多くいる世の中になれば、と思っています。

あわせて読みたい

「ビジネス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。