記事

ノーベル平和賞 「報道の自由」への激励

ノルウィーのノーベル賞委員会は、8日、2021年のノーベル平和賞を、ロシアでプーチン政権に臆せず調査報道を続ける独立系新聞「ノーバヤ・ガゼータ」のドミトリー・ムラトフ編集長(59)と、フィリピンのドゥテルテ政権に批判的なニュースサイトを率いる女性ジャーナリスト、マリア・レッサ氏(58)に授与する、と発表しました。強権下で「民主主義と恒久平和の前提である表現の自由を守る努力」をしてきたことを理由に挙げました。

ジャーナリズム活動への平和賞授与は、第2次大戦後初めて、ということです。委員会は両氏を「民主主義と報道の自由が逆境に直面している世界で、理想のために立ち上がった全てのジャーナリストの代表」として、表現の自由は民主主義や紛争回避に不可欠、と訴えました。

ムラトフ氏は、ソ連崩壊後の1993年ノーバヤ・ガゼータの創刊に関わり、1995年から編集長として調査報道を支えてきました。南部チェチェン共和国の紛争で政権が住民の人権を踏みにじる実態を告発した女性記者アンナ・ポリトコフスカヤさんが射殺されるなど、同紙は記者6人を失った、とのこと。

レッサ氏は、米CNNのマニラ支局長を務め、2012年にニュースサイト「ラップラー」を共同で設立し、最高経営責任者(CEO)を務めています。

ラップラーは、容疑者殺害を容認する政権の麻薬取り締まりを批判し、ソーシャルメディアが偽ニュースの拡散に利用される危険性を伝えた、とのこと。

ムラトフ氏は、受賞を受けて「まず言わせて。この賞は彼らのものだ。」として、亡くなった6人の名前をあげました。「少数者を守るのはメディア」と話しています。

レッサ氏は、「ノーベル委員会が光を当てたのは、私でもラップラーでもなく、世界で自分の仕事を続ける記者たちだ」と話しています。現政権のもとで2度逮捕されても批判的な報道を続ける姿から、ノーベル委員会はレッサ氏を「恐れを知らない表現の守護者」としています。

今回のノーベル平和賞は、もっとがんばって専制主義に対応せよという、ある種の叱咤激励もあるだろう、と国際政治の専門家は述べています。権力におもねることなく、公正で正確な報道を積み重ねる使命を、報道機関に改めて突きつけたもの、ともいえると思います。

あわせて読みたい

「ノーベル平和賞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  3. 3

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  4. 4

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  5. 5

    空港の保安検査場の締切時間を守らない客を待つことがサービスなのか?ANAさん間違ってます

    かさこ

    10月17日 13:37

  6. 6

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  7. 7

    いまだに変わらない日本の罰点社会 厳しいバッシングに不快感

    ヒロ

    10月17日 14:35

  8. 8

    鳥よけシートは“トー横キッズ”対策? 物理的排除に批判の声も

    NEWSポストセブン

    10月17日 10:11

  9. 9

    「70歳定年」の時代へ 退職後の生活で意識したい3つの収入とは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月17日 17:35

  10. 10

    悪い円安が加速、日本人はますます貧乏になる

    藤沢数希

    10月17日 13:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。