記事

国会で各党代表質問が始まる 焦点は①政治姿勢、②コロナ禍対応、③経済、④外交安保、⑤憲法改正

1/2
10/8 岸田総理所信表明演説 (出所:参議院)
https://www.sangiin.go.jp/japanese/ugoki/r3/211008e.html

国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、「日々勉強!結果に責任!」をモットーとする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。

昨年来のコロナ禍について、ワクチン接種 (2回接種63.1%)が順調に進み、感染者数や重症患者数(483人、前日比-18人)が減少し続けています。秋の行楽日和となり、人流は増加しているわけで、引き続き社会経済活動と感染症対策の両立をお願いしたいと思います。

10月8日(金)、岸田新総理の所信表明演説を受けて、11日(月)から3日間、衆参両院で各党の代表質問が行われます。既に岸田総理は、10月14日(木)衆議院を解散し、19日(火)公示、31日(日)投開票すると言明しています。総選挙を前に、各党の熱い論戦が行われる予定です。

焦点は、岸田総理の所信表明演説内容にそって、①岸田総理の政治姿勢「国民の声を踏まえた信頼と共感の政治」、②新型コロナ対応、③新しい資本主義=成長と分配の好循環という経済政策、④国民を守り抜く外交・安全保障、⑤憲法改正の5点です。

https://www.kantei.go.jp/jp/100_kishida/statement/2021/1008shoshinhyomei.html

①について、野党は、政治とカネの問題、今までの自民党政権の不祥事を引き続き追求して。信頼と共感が得られるかと言ってくると思われます。

②について、岸田総理の言う全体像や今までの検証結果の公表時期、内容等が問われることになると思います。

③について、野党は、成長戦略については自民党政権下で効果が出ていないこと、分配戦略については、私達の方が以前から主張していたと反論することになりそうです。

④について、野党は、チャイナの人権問題に関連して、国会非難決議する意志があるかどうか問い、防衛力増量の内容、沖縄辺野古沖移転の断念、北の拉致問題解決の目途、核兵器禁止条約のオブザーバー参加等を聞いてくると思われます。

⑤について、野党は、岸田総理の憲法改正についての意思等を聞いてくると思われます。

 総選挙前でもあり、国益に資する活発な議論を期待したいと思います。

 焦点となる5点の詳細は以下です。

◎①国民の声を踏まえた信頼と共感の政治

 第一の焦点は、岸田総理の政治姿勢です。

 岸田総理は、書きためてきたノートの国民の切実な声を踏まえ、信頼と共感が得られる政治が必要だとしています。全閣僚が、国民との車座対話を積み重ね、国民のニーズに合った行政かどうか点検するよう指示していると表明しています。「日本の絆の力を呼び起こす」ことが岸田総理は使命だとしています。

「早く行きたければ一人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め。」ということわざを引き、日本人の底力を信じ、明けない夜はないとして、国民と共に手を取り合い、明日への一歩を踏み出すとしています。

野党は、政治とカネの問題、今までの自民党政権の不祥事を引き続き追求して。信頼と共感が得られるかと言ってくると思われます。

◎②新型コロナ対応

第二の焦点は、新型コロナ対応です。

岸田総理は、ワクチン接種を進め、「危機対応の要諦は、常に最悪の事態を想定」して、病床と医療人材の確保、在宅療養者に対する対策を徹底し、電子的なワクチン接種証明の積極的活用、予約不要の無料検査の拡大に取り組むとしています。これらの取組の全体像を、早急に国民に示し、国民に丁寧に説明すると言います。

同時に、これまでの対応を徹底的に分析し、何が危機管理の課題だったかを検証し、司令塔機能の強化や人流抑制、医療資源確保のための法改正、国産ワクチンや治療薬の開発などを強化し、さらに、事業者に対して、地域、業種を限定しない形で、事業規模に応じた給付金を支給し、非正規、子育て世帯など生活困窮者への給付金などの支援も実行するとしています。

以上の具体策、時期等が問われることになると思います。

◎③「新しい資本主義の実現=成長と分配の好循環」

第三の焦点は、経済政策についてです。

岸田総理は、経済政策について、大胆な金融政策、機動的な財政政策、成長戦略の推進というアベノミクスを継承発展させ、危機に対する必要な財政支出は躊躇なく行い、経済を立て直して、財政健全化に取り組うとしています。

その上で、新しい資本主義の実現として、新自由主義的な政策が貧富の格差という深刻な分断を生んだとして、世界の流れに合わせて、健全な民主主義の中核である中間層を守り、気候変動などの地球規模の危機に備え、企業と政府が大胆な投資をしていく、新しい時代の資本主義経済という「成長と分配の好循環」と「コロナ後の新しい社会の開拓」「分配なくして次の成長なし」を地方から実現しようと訴えています。

野党は、成長戦略については自民党政権下で効果が出ていないこと、分配戦略については、私達の方が以前から主張していたと反論することになりそうです。

岸田総理の成長と分配戦略の内容は以下です。

あわせて読みたい

「岸田文雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    「しょっちゅう人手不足になるところでは働くな」が本当なら

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    12月03日 15:30

  4. 4

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  5. 5

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  6. 6

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  7. 7

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  8. 8

    きな臭いウクライナと台湾問題 ウクライナがNATO加盟ならロシアとの関係は致命的に

    ヒロ

    12月03日 11:22

  9. 9

    「こども食堂とこども庁のあり方」むすびえ代表 湯浅誠さんと勉強会開催

    山田太郎

    12月03日 13:10

  10. 10

    岸田政権の55兆円規模の経済対策は赤字国債頼み 費用対効果を示すべき

    わたなべ美樹

    12月03日 13:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。