記事

「国交正常化50年にあたる来年を契機に、建設的かつ安定的な日中関係を共に構築していかなければならない」習近平主席との会談を終え、岸田総理



 岸田文雄首相は8日夜、中国の習近平国家主席との電話会談を終えて記者団のぶら下がり取材に応じた。

【映像】新総理の政治課題は?"米中包囲網"強化で日本どう進むべき?田中均さんに聞く

 習主席との会談は約30分間に及んだといい、尖閣諸島を巡る問題や、香港、新疆ウイグル自治区の問題についても提起したという。岸田総理は会談を振り返り「私の方からは両国間の懸案を率直に提起し、今後も対話を重ねていきたい旨を伝えた。また、習主席との間で、北朝鮮を含め様々な共通の諸課題について協力をしていくことで一致した。

こうした考えに立って、私からは国交正常化50年にあたる来年を契機に、建設的かつ安定的な日中関係を共に構築していかなければならない旨、述べた。習近平国家主席は賛意ともに日中関係を発展していくことへの意欲が示された。日中両国の間には隣国であるがゆえに様々な問題もあるが、主張すべきは当然しっかりと主張しながら、本日の会談も踏まえ、今後とも習主席とは率直に議論していきたいと考えている」とした。

 また、夕方にはインドのモディ首相との会談を行ったことも報告、「着任以来、米国、オーストラリア、インドと、クアッドの相手国全ての首脳との電話会談を行った。そして中国、ロシアの首脳との会談もおこなった、大変良い形で首脳会談をスタートさせることができたと思う。来週も世界のリーダーとの会談を積み重ねて、来たる選挙で国民の皆さん信託を頂いたならば、私自身が世界を飛び回って、積極的に対面外交を展開していきたい」と意欲を見せた。(『ABEMA Prime』より)

【映像】新総理の政治課題は?"米中包囲網"強化で日本どう進むべき?田中均さんに聞く

【映像】ドラム式洗濯機やクルマが買えない?世界的な半導体ショックが生活に深刻影響

恒大集団の資金繰り悪化は中国政府にも落ち度?解決のためのカギは“国民感情”に

あわせて読みたい

「日中首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

  5. 5

    濃厚接触者への制限で社会が止まる。大至急、コロナの特性と現状に見合った方針転換を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月25日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。