記事

地方に行くと見えてくる「日本の未来」

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

鳥取、島根と山陰の温泉巡りをしてみて感じたことは、地方には東京では当たり前に存在する便利なものが無いという現実です。

鳥取のとある温泉地の最寄りのJRの駅周辺には、カフェがありませんでした。列車の発車までに1時間近く、時間を潰せる場所がありません。幸い、コンビニはあったので、コーヒーを買って駅のベンチに座って列車の到着を待ちました。

東京であれば、ほとんどの駅にはスタバやドトールといったコーヒーショップがあって、いつでも気軽に利用できるのが当たり前です。運転本数が少なく列車の待ち時間が長い駅なのに、待っている場所が無いのは不便です。しかし、これは東京が便利過ぎるだけの話なのかもしれません。

また、何回か利用したJR西日本の列車には、車内販売が一切ありませんでした。新幹線で名古屋や大阪に行く時には、当たり前のように利用しているのですが、これもあって当然と思ってはいけないことを知りました。

自動販売機が設置されている列車もありましたが、それさえ無い場合は長距離の移動に備えて、ミネラルウォーターなどを予め準備しておかなければなりません。

東京に戻る際に利用した寝台列車「サンライズ出雲」も出雲市から東京まで12時間という長距離長時間にも関わらず、車内販売はありませんでした。自動販売機は設置してあったようですが、アルコール類や食べ物などは、予め買ってから乗らないといけません。

日本の地方に行くと感じる東京との違いは、今後他の地域にも次々と広がり、日本全体が変わっていくことになるでしょう。

駅前のカフェは利用者が少なくなれば消えていき、列車の乗客が減れば運転本数も減って利便性が下がっていきます。人口減少によってインフラがスパイラル的に衰退していくのです。

人口減少が進む日本の地方は、日本の未来を先行して「見える化」してくれる存在です。もしかしたら、数十年後の東京23区も例外ではないかもしれません。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年10月9日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「人口減少」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    年収 30年横ばい狂騒記

    ヒロ

    10月18日 11:33

  2. 2

    梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース

    10月18日 09:57

  3. 3

    安倍、麻生を裏切り総理を操る甘利明・幹事長という「狡猾の人」

    NEWSポストセブン

    10月18日 10:43

  4. 4

    東京五輪後に東京不動産は暴落すると言っていた人たち

    内藤忍

    10月18日 11:50

  5. 5

    空港の保安検査場の締切時間を守らない客を待つことがサービスなのか?ANAさん間違ってます

    かさこ

    10月17日 13:37

  6. 6

    ドコモ障害 ひろゆき氏「200万人困っただけ」に対して専門家「実際はもっといる」

    ABEMA TIMES

    10月18日 10:36

  7. 7

    いまだに変わらない日本の罰点社会 厳しいバッシングに不快感

    ヒロ

    10月17日 14:35

  8. 8

    鳥よけシートは“トー横キッズ”対策? 物理的排除に批判の声も

    NEWSポストセブン

    10月17日 10:11

  9. 9

    「70歳定年」の時代へ 退職後の生活で意識したい3つの収入とは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月17日 17:35

  10. 10

    悪い円安が加速、日本人はますます貧乏になる

    藤沢数希

    10月17日 13:11

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。